ホーム > 県民および関連職種の皆様へお知らせ >(締切が延長になりました)リハビリテーション専門職等介護予防指導研修(3月2日 日本丸メモリアルパーク訓練センター・3月9日 平塚商工会議所)主催:神奈川県 受託:神奈川県理学療法士会
県民・関連職種の皆様へ

県民・関連職種の皆様へ

カテゴリタイトル

県民および関連職種の皆様へお知らせ

2018/01/31  (締切が延長になりました)リハビリテーション専門職等介護予防指導研修(3月2日 日本丸メモリアルパーク訓練センター・3月9日 平塚商工会議所)主催:神奈川県 受託:神奈川県理学療法士会

≪研修の目的≫ リハビリテーション専門職が地域ケア会議やサービス担当者会議、住民運営の通いの場、通所通所・訪問などに必要とされる役割や具体的な知識、市町村や地域包括支援センター等との連携などについての研修を行う。本研修修了者は、神奈川県が名簿登録いたします。この名簿は、介護予防事業等の円滑な運営のため神奈川県から市町村へ情報提供いたします。

≪開催日時・会場≫
横浜会場 
【開催日】 平成30年3月2日(金) 受付開始時間9:00~
        9:30~17:30
【会 場】 日本丸メモリアルパーク訓練センター 第1・2研修会

平塚会場 
【開催日】 平成30年3月9日(金) 受付開始時間9:00~
        9:30~17:30
【会 場】 平塚商工会議所 2階1・2会議室

≪参加費≫  無料
≪定 員≫  各会場70名(事前申込制)  ※申込者多数の場合は抽選にて決定
≪申込方法≫

「リハビリテーション専門職等介護予防指導研修申込み」と記載の上、往復はがきで記載事項をご記入の上、下記送付先まで郵送にて申込み。2月26日(月)までに返信はがきにて受講可否の返信をいたします。

申込期間 平成30年1月30日(火)~平成30年2月14日(水)
締切が延長になりました! 
平成30年2月18日(日)当日消印有効


記載事項】 ①氏名 ②職種 ③勤務先名称 ④勤務先所在地
⑤日中連絡可能な電話番号(勤務先電話番号または個人携帯番号等) ⑥希望会場
⑦返信先の記載
※記載事項に漏れがある場合は受講をお断りすることもございます

≪問合せ・申込送付先≫
公益社団法人 神奈川県理学療法士会
〒220‐0003 横浜市西区楠町4-12 アーリア20 101号
TEL 045-326-3225  FAX 045-326-3226
Mail office@pt-kanagawa.or.jp

≪対 象≫受講修了後、名簿を市町村に送付することを承諾する者であって、理学療法士、作業療法士、
言語聴覚士、看護師、保健師又は健康運動指導士のうち、次のいずれかに該当する者
①市区町村で活動している(1年以内に活動予定がある)職員等
②市区町村が実施する(予定含む)介護予防事業の受託事業者
③地域包括支援センター職員
④介護予防事業者
⑤フィットネスクラブ職員
⑥医療機関従事者
 

≪研修カリキュラム・講師≫
講義①「高齢者のリハビリテーションを取り巻く現状と課題」
    講師:神奈川県立保健福祉大学 隆島研吾氏(理学療法士)
講義②「地域包括ケアシステムの構築」「地域ケア会議での役割」
    講師:秦野市鶴巻地域高齢者支援センター 佐藤雅美氏(主任介護支援専門相談員)
講義③「多職種連携に関すること」
    講師:クローバーホスピタル 遠藤陵晃氏(作業療法士)
講義④「訪問・通所サービスにおける自立支援に関すること」
    講師:介護老人保健施設アゼリア 相川浩一氏(理学療法士)
講義⑤「介護予防での役割」「地域住民の通いの場でのリハビリテーション専門職の役割」
   「地域資源の発掘に関すること」
    講師:スギ訪問看護ステーション都筑 久保木あずみ氏(理学療法士)

≪会場案内≫
◇各会場ともに受講者のための駐車場の準備はございませんので、公共の交通機関をご利用ください

横浜会場
日本丸メモリアルパーク訓練センター 桜木町・みなとみらい駅・馬車道駅 徒歩5分
横浜市西区みなとみらい2-1-1
アクセス http://www.nippon-maru.or.jp/info/access.html 

平塚会場
平塚商工会議所  平塚駅南口徒歩6分
神奈川県平塚市松風町2番10号
アクセス http://www.shokonet.or.jp/hiratuka/kaikanH27/access,parking.html#

持ち物
◇修了者情報提供承諾書の記載に必要なものとして、印鑑・所属先郵便番号と住所・日中に連絡を取れる電話番号(可能な限り個人の電話番号以外)をご用意ください。
◇昼食時間が短くなっておりますので、昼食の事前準備をお願いいたします。

注意事項
◇原則として、遅刻早退は修了と認めません。
◇ごみ等は必ずご自身でお持ち帰りください。

詳細は、こちらmemo 


 

2018/01/31

前のページに戻る ページ上部に戻る