ホーム > 講習会・研修会・イベント情報 > 本会主催イベント >スポーツ理学療法講習会(2月29日、3月1日 横浜市スポーツ医科学センター)担当:スポーツ支援部
理学療法士の皆様へ

理学療法士の皆様へ

カテゴリタイトル

本会主催イベント

2019/12/27  スポーツ理学療法講習会(2月29日、3月1日 横浜市スポーツ医科学センター)担当:スポーツ支援部

スポーツ理学療法講習会

~前十字靭帯損傷の理学療法~

【内 容】 

①前十字靭帯損傷の理学療法1~術前、術後からランニング開始まで~

ACL再建術後に、良好な状態で競技復帰を可能にするためには、術前に如何に良好な状態に回復させるかが極めて重要になる。そのためには膝の状態を正確に評価し、術前から競技復帰までをイメージした治療を展開していく必要がある。今回、膝の基本的な評価と治療の考え方を交えながら、当院での術前・入院中~ジョギングが可能になるまでのリハビリテーションの進め方の実際を紹介する。
 

②前十字靭帯損傷の理学療法2~退院後から競技練習復帰レベルまで~

ACL再建術後リハビリテーションにおいて、周術期以降のグラウンドでの練習復帰までに獲得しておきたい患部を整理する。また患部の可動域、筋力の他、競技へ向けた運動機能や再発予防の観点から、どのような動きの獲得が必要かなど、当院のリハのコンセプトを座学と実技を交えて紹介する。

 

③前十字靭帯損傷の理学療法3~競技復帰および再断裂予防への取り組み~

スポーツ現場で有効であったACL損傷予防プログラムをACL再建術後の再断裂予防リハビリテーションとして導入している。

本講習会では、競技復帰のためのリハビリテーションや再断裂予防リハビリテーションについて、臨床でも取り入れやすいよう実技を交えて紹介する。

 

【開催日時】 2020年2月29日(土)14:30~17:30 受付開始時間 14:00~

       2020年3月1日(日)9:30~17:30 受付開始 9:00~
【会場名】 横浜市スポーツ医科学センター大研修室
【会場所在地】 横浜市港北区小机町3302-5(日産スタジアム内)
【講師名】 

田中 龍太先生(関東労災病院)
栗田  健先生(横浜南共済病院)
栗原 智久先生(日本鋼管病院)
【受講条件】 日本理学療法士協会 会員のみ
【定 員】 80名
【受講費】 2,000円(神奈川県士会員)
                   5,000円(他都道府県士会員)
【事前徴収】 現金振込・楽天カード
【履修ポイントの有無】 有

【新人教育プログラム履修者】
 理学療法の臨床 C-2  運動器疾患の理学療法 

【認定・専門理学療法士制度 専門分野登録者】(旧専門領域研究部会)
3.運動器理学療法専門分野

a 認定理学療法士(運動器)

b 認定理学療法士(切断)

c 認定理学療法士(スポーツ理学療法)

d 認定理学療法士(徒手理学療法)

e 専門理学療法士

【申込方法】 日本理学療法士協会 「マイページ」よりお申込下さい。 セミナーID 22662

【申込開始日】 2019年12月27日(金)

【申込締切日】 現金振込の場合  2020年2月9日(日)
        楽天カードの場合 2020年2月19日(水)

<持ち物や服装など、注意点等>
*実技がありますので、短パン、動きやすい服装をご用意下さい。
*講習会当日は日本理学療法士協会会員証(緑のカード)を必ずご持参ください。
*受講費を振り込む場合は9日前が納入期限となります。ご注意ください。
 納入期限の時点で入金確認ができない場合、お申し込みをキャンセルさせていただきます。
*申し込み後にご都合が悪くなった場合は必ずキャンセルの連絡をお願い致します。
 連絡先は県士会事務所045-326-3225にお願い致します。
*入金後のキャンセルは返金されませんので、ご了承ください。

*天候の悪化やその他の理由のため、講習会が急遽中止となる場合、神奈川県理学療法士会のFacebookを活用して御連絡いたします。御確認をお願いいたします。

【問合せ先】

神奈川県理学療法士会 事務所 

TEL:045-326-3225

2019/12/27

前のページに戻る ページ上部に戻る