ホーム > 講習会・研修会・イベント情報 > 本会主催イベント >体験講座の発展形としての「3×3車いすバスケットボール大会」(3月17日 秦野市総合体育館サブアリーナ)担当:生涯学習部 問合せ窓口:湘南西部ブロック
理学療法士の皆様へ

理学療法士の皆様へ

カテゴリタイトル

本会主催イベント

2019/01/24  体験講座の発展形としての「3×3車いすバスケットボール大会」(3月17日 秦野市総合体育館サブアリーナ)担当:生涯学習部 問合せ窓口:湘南西部ブロック

-車いすバスケットボールの体験会も同時開催-
【テーマ】 車いすバスケットボールは体験、あるいは目の前で観戦してはじめて“真の魅力”の理解につながります。本大会は、これまで開催してきた車いすバスケットボール体験講座の発展形としての位置づけのもと、
①車いすバスケットボールの“真の魅力”に触れ、興味・関心を高めること、
②生涯スポーツ(知る、観る、体験する、支援するまでを含む)の地域づくり、
③車いすバスケットボールに関係する組織・機関の協力関係の構築、
④スポーツ(障がい者スポーツ)理学療法の普及・推進
を目的としています。
 
【大会】
種目:3×3車いすバスケットボール(3人対3人で行う車いすバスケットボール)
参加資格:未経験者から現役プレイヤーまで、障がいの有無を問わずどなたでもご参加いただけます。
応募方法:3人以上でチームを組み、全員の氏名・性別とチーム名を安藤までご連絡ください。なお、チーム(コート内)の持ち点の合計は12点以内とします。(健常は4.5点、そのうち女性・中学生以下は-1.5点で計算しますので、健常のみのチームの場合はコート内に女性あるいは中学生以下が1名以上いる必要があります)
競技方法:大会前の1時間は、まず車いすバスケットボール教室を開催し、競技用車いすの操作や基本的なプレー、ルール、試合の流れなどを学んでいただきます。大会では3×3バスケットボールのライト・ルールを採用し、6号球を使用します。トーナメント形式を取り、決勝戦は現役プレイヤーチーム(シード)との対戦を予定しています。
 
【体験会】
競技用車いすの操作、基本的なプレー、ミニゲームなどを体験していただくことができます。お子さまから大人まで、障がいの有無を問わずどなたでもご参加いただけます。
 
【開催日時】 2019年3月17日(日)
 
【大会】
9:15~ 受付開始 9:30~10:30 車いすバスケットボール教室 10:30~12:30 3×3車いすバスケットボール大会
 
【体験会】
9:15~ 受付開始 9:30~12:30 車いすバスケットボール体験会(随時)
 
【会場】 秦野市総合体育館サブアリーナ(貸切)
 
【受講料】 
【大会】
参加には事前申し込みが必要です。(申し込み期間:2019年2月1日~3月9日) 1人300円(1DAYレジャー保険料)が必要となりますので、当日、受付にてお支払いください。
【体験会】
事前申し込みは不要で、参加費も無料です。
 
【講師】 【体験会】
湘南スポーツクラブ車いすバスケットボール体験講座隊
 
【定員】
【大会】
1チーム3名以上とし、8チームを限度とします。(応募多数の場合は、試合時間を調整して定員を増やすことを検討いたします)
【体験会】
定員なし。
 
【注意事項】 【大会、体験会とも】
参加を希望される方は、運動しやすい服装、体育館内の履物、タオル、着替え、飲み物などをご用意ください。
 
【大会】
ご希望に合わせて、事前に練習会を開催することができます。持ち点が分からない場合は、安藤までお問い合わせください。
 
【お問い合せ】 E-mail  t-ando@yuuki-kai.com
介護老人保健施設めぐみの里 リハビリテーション課 安藤
 

2019/01/24

前のページに戻る ページ上部に戻る