理学療法士の皆様へ

理学療法士の皆様へ

カテゴリタイトル

個人・他団体・企業主催イベント

2018/04/25  【触診が苦手な方限定】第7期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース(7月7日~9月2日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

3ヶ月で触診とアプローチ法を習得。信頼される療法士の土台を作る。
 
【テーマ】 触診を通して患者様・利用者様のリハビリをデザインできるようになる。
 
【内容】 
1か月目 体幹編 
2か月目 上下肢編1
3か月目 上下肢編2 
 
それぞれ触診・関節モビライゼーション・筋膜リリース・症例検討等を行います。
*詳しい内容はHPよりご確認ください。http://lts-seminar.jp/syokushinbasic/

詳しくはこちら

2018/04/25  発達からみる麻痺の回復過程(7月21日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

発達から見る麻痺の回復過程を理解し、適切な評価とアプローチを選択する
【テーマ】 発達を学ぶことで効率的にアプローチを行う
【内容】 
・発達の段階が必要な理由(発達段階を飛ばしての発達はない)
・麻痺の回復過程と発達の共通点 
・発達段階とその時に必要な機能
  背臥位(頭頚部の安定性など)
  腹臥位(頭部の立ち直り反応、脊柱・肩甲帯・体幹筋の協調的な活動など)
  側臥位(荷重側の体幹の伸展など)
  寝返り(頭部のコントロール、上肢の運動など)
  坐位(正中位指向、骨盤での支持基底面など)
  立位
・必要な評価とアプローチ方法

詳しくはこちら

2018/04/25  膝関節の機能解剖と触診(6月10日 ウィリング横浜)主催:SESSION

【内容】 
膝関節は下肢における中間関節であり,傷害・障害の多い関節つである。
今回のセミナーでは,膝関節の機能解剖学,病態運動学に関する内容を概説した上で,骨・関節,筋の触診方法を実技も交えて紹介する。さらには,具体的な運動療法についても,その一部を紹介する。
『このセミナーを学んで得られること』
 ・膝関節の解剖学的知見・特性
 ・膝関節の運動学,病態運動学
 ・膝関節の骨・関節,筋の触診
 ・膝関節疾患に対する運動療法
『こんな方におススメ』
 ・膝関節の機能解剖を再度,学習したい方
 ・臨床で膝関節疾患を診る上でのヒントが欲しい方

詳しくはこちら

2018/04/25  股関節症のリハビリテーション(6月9日 神奈川リハビリテーション病院)主催:地域リハ支援センター

【内容】 女性に多い股関節の痛み。股関節の痛みの原因によって治療もさまざまです。本研修は午前に医師から股関節症の痛みと治療について、午後は理学療法士から基本的なみかたと実践について紹介し、実技を交えて学びます。股関節症の方に関わることのある専門職の方を主な対象として行います。
 
【開催日時】 平成30年6月9日(土) 10:00~16:00

詳しくはこちら

2018/04/25  明日から実践できる!!手指・手関節の評価と治療(6月2日 ウィリング横浜)主催:進リハの集い

【内容】 
手指、手関節、前腕(一部)の機能解剖について
評価
日常生活における手の使い方
治療modality&procedure
徒手テクニック&自主訓練テクニック(実技)
 
【開催日時】 2018/6/2(土)
受付9時30分 
セミナー時間10時00分~16時00分

詳しくはこちら

2018/04/18  脊柱圧迫骨折に対する評価とアプローチ(7月22日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

脊柱圧迫骨折の病態を理解し、適切な評価とアプローチを選択する
 
【テーマ】 病態・評価・アプローチを学び、結果を出せるようになる。
 
【内容】 
1.脊柱圧迫骨折の病態について
2.介入の際の注意点・リスク管理
3.手術の目的
4.評価
・目的 痛みがあることで困っていることがあるか、痛くなければどうしたいか 
・問診 疼痛の範囲、程度(VRS、NRS、FS)
・触診 筋緊張(腹部、背面、側面)
・ROM-T 体幹前屈/後屈/回旋/側屈
・MMT 体幹前面/後面/回旋
・姿勢観察 座位、立位での観察のポイント
・動作観察 座位の骨盤前後傾、立位の片脚立位
・整形外科テスト(Patrick test-FABERE test、Thomas test、FFD、SLR)
5.評価から抽出された問題点に対する介入法
関節モビライーゼーション、筋膜リリース、DS法

詳しくはこちら

2018/04/18  実践!ポジショニング・シーティング法(6月17日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

緊張の上がらない姿勢でADLをより効率的にする。
 
【テーマ】 シーティング・ポジショニングの目的を理解し、効率的な姿勢の保持と、他職種との連携の方法を学ぶ
 
【内容】 
・ポジションング
・シーティングの目的
・ポジショニングの方法
・シーティングの方法
・ポジションを取るために必要な機能の評価
・触診
・ポジショニング・シーティングを病棟、自宅などで行ってもらうための伝達方法
など
 
【開催日時】 平成30年6月17日(日)10時~16時

詳しくはこちら

2018/04/18  第22回 運動器系体表解剖セミナー(6月2日~9月2日 東京工科大学)主催:体表解剖学研究会

~頸部・胸部・上肢の評価と治療に必要な触察法~
 
【内容】 筋・骨・神経を中心とした解剖学的特徴の講義・触察デモンストレーション・触察実習
Aコース: 頸部、胸部、上肢の評価と治療に必要な筋を対象
 
【開催日時】 平成30年6月2日(土)-3日(日),7月7日(土)-8日(日),9月1日(土)-2日(日)  
※土曜日 14:00~19:00 日曜日 9:00~16:00

詳しくはこちら

2018/04/18  脳血管障害の評価と治療(6月2日 神奈川リハビリテーション病院)主催:地域リハ支援センター

「潜在能力を引き出すアプローチ」
 
【内容】 この研修では、潜在能力を引き出す成人片麻痺者の運動療法をテーマとして、講義やハンドリング練習、グループワークを通して学びます。相互にコミュニケーションをとり、理解を深めるようすすめていきます。
 
【開催日時】 平成30年6月2日(土)9:30~17:00
 
【会場】 神奈川リハビリテーション病院 3階研修室

詳しくはこちら

2018/04/18  摂食・嚥下障害のリハビリテーション(5月29日 神奈川リハビリテーション病院)主催:地域リハ支援センター

~おいしく食べることを目指して~
 
【内容】 食事は人間が生きていく上で欠かせない活動です。そして、食べることは全身の機能と深く関わっています。この研修では、医師から摂食・嚥下機能とその障害の医学的な評価と治療について、理学療法士から嚥下のメカニズムについて、作業療法士からおいしく食べる環境について講義と実技を通じて学びます。
 
【開催日時】 平成30年5月29日(火) 10:00~16:00

詳しくはこちら

2018/04/11  腰痛における評価とアプローチ(5月27日 ウィリング横浜)主催:SESSION

腰痛
【内容】 
●講演概要
本セミナーでは、腰椎に良く認める病態、機能解剖を理解した後、病態を判別する機能評価を行い、病態に応じた治療(徒手療法、運動療法)を行うというコンセプトを実技も行いながら説明致します。
 
●プログラム(構成)
<午前中>
・腰痛の病態
・問診
・姿勢性腰痛に対する評価とアプローチ
 
<午後>
・自動運動
・疼痛除去テスト
・モーターコントロールの評価とアプローチ

詳しくはこちら

2018/04/11  平成30年度神奈川がんのリハビリテーション研修会(9月1日~2日 昭和大学)主催:神奈川がんのリハビリテーション研修会

【内容】がん患者リハビリテーション料を算定するための適切な研修会を神奈川県で行います。
 全国各地で行われているがんのリハビリテーション研修会のうち、本研修会は神奈川県で開催される唯一の研修会となります。
 
【開催日時】 平成30年9月1日(土)8時55分~平成30年9月2日(日)15時30分
  *9月1日:8時55分~18時50分
 9月2日:9時00分~15時30分
 
【会場】 昭和大学保健医療学部横浜キャンパス

詳しくはこちら

2018/04/11  肩関節疾患に対するリハビリテーション(5月20日 ウィリング横浜)主催:Medical MARKSTAR

~バイオメカニクスと運動機能の評価~
 
【内容】 
・肩関節の機能解剖と基礎知識
・肩関節の運動機能の評価とそのポイント~実技あり~
・肩関節疾患における臨床像と評価のポイント~実技あり~
 
【開催日時】 2018年5月20日(日) 10:00~16:00

詳しくはこちら

2018/04/11  今スグ肩が診たくなる「評価に基づく肩関節治療の実践」(5月26日 ウィリング横浜)主催:進リハの集い

【内容】 
肩関節の機能解剖
肩関節疾患の病態整理
肩関節の評価(実技)
肩関節治療の実践(実技)
 
【開催日時】 開催日 2018/5/26(土)
受付9時30分から
セミナー時間10時00分から16時00分

詳しくはこちら

2018/04/11  脳卒中における脳画像の診かた(5月5日 ウィリング横浜)主催:Medical MARKSTAR

~読影の基礎知識と、実際の脳画像+症例動画を見て学ぶ~
 
【内容】 
・脳画像に関する基礎知識~CT・MRIを中心に~
・脳画像の診かた
・最近の脳卒中の傾向や文献レビュー
・損傷部位ごとの各症状の解説
・リスク管理や予後予測、リハビリテーションにおけるポイント
・脳画像と症例動画を見ての解説

詳しくはこちら

2018/04/04  第9回リハビリテーション症例報告会(6月17日 おだわら市民交流センター)主催:県西地区リハビリテーション連絡協議会

内部障害・生活期のリハビリテーション
【テーマ】 
 講演:(1)『臨床家にとっての研究とは?』(120分)
 ・症例報告:3~4演題(内部障害・生活期について)
  各演題 発表時間10分、討議25~30分 
 
  講演者および症例報告アドバイザー:榊原記念病院 理学療法科  齊藤正和先生
 
【内容】 今回は、昨年までドイツに留学されていた齊藤正和先生に「臨床家にとっての研究とは?」(仮)という題目で講演をして頂きます。齊藤先生は、日本有数の循環器専門病院で心臓リハビリテーションを立ち上げ、同時に数多くのエビデンスをアウトップしておられます。普段の講演では聞けないような、熱いメッセージをもらえるものと期待しております。
 
 また、症例報告に関しては内部障害に関するテーマと、疾患を問わず、訪問やデイサービス等の生活期のリハビリテーションに関する発表を募集させて頂きます。質疑応答に加え、齊藤先生から症例報告の方法についてのアドバイスもいただく時間を設け、良い症例報告とはどういったものなのかを学ぶ時間も設けたいと考えています。
 
・講演:(2)『臨床家にとっての研究とは?』(120分)
・症例報告:3~4演題(内部障害・生活期について)
各演題 発表時間10分、討議25~30分

詳しくはこちら

2018/04/04  セラピストのためのハンドリング入門(5月19日 神奈川リハビリテーション病院)主催:地域リハ支援センター

【内容】 セラピストにとって、対象者の身体に触れて、動きを提供するためのハンドリング技術はとても重要です。今回のセミナーでは、セラピスト自身のからだづくりと臨床に活用できる知識と基礎技術について学びます。
 
【開催日時】 平成30年5月19日(土)9:30~16:00
 
【会場】 神奈川リハビリテーション病院 3階研修室(厚木市七沢516)
 
【受講料】 3,000円

詳しくはこちら

2018/03/28  脳卒中片麻痺に対する麻痺の促通と分離法(5月20日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

効率的に促通を分離を促すために
麻痺の回復段階、促通、分離の過程を習得する
【内容】 
・脳卒中の疫学
・促通と分離について
・麻痺の促通法
・麻痺の分離法
・ブルンストロームステージの確認
・関節モビライゼーション
・筋膜リリース
・ハンドリング法

詳しくはこちら

2018/03/28  【触診が苦手な方限定】ROMexを効率的に行うための触診・アプローチ法セミナー(5月19日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

end feelを明確にし、機能訓練から動作、ADLまでつながるROMexを構築する
 
生活に結びついた機能訓練を行う
【内容】
 AM:ROMexに必要な評価
・ROMexを行う目的
・ROMの制限因子の分類
・制限因子に対する評価の方法
・end feelの感じ方(実技)
 
 PM:ROMexに必要な触診・アプローチ法(実技)
・触診(股関節、大転子、大腰筋、大臀筋)
・アプローチ法
  関節モビライゼーション
  筋膜リリース
  PIRを利用したストレッチ法
・アプローチの効果を持続させるための方法

詳しくはこちら

2018/02/28  明日から臨床で結果の出せる上肢セミナー(5月13日 ウィリング横浜)主催:進リハの集い

【内容】 
実際のアプローチについての考え
触診に必要な心得
肩・肩甲骨・胸部のアプローチの実際
前腕・肘・上腕のアプローチの実際
指・手根骨・手関節のアプローチの実際(手のアーチの改善に向けて)
 
【開催日時】 2018/5/13(日) 受付9時30分 
セミナー時間10時00分~16時00分

詳しくはこちら

2018/02/21  感覚・知覚に対する評価と治療(4月29日 ウィリング横浜)主催:Medical MARKSTAR

~脳血管疾患と整形外科疾患に対する臨床的アプローチ~
【内容】 
・感覚・知覚の基礎知識
・感覚・知覚の検査の方法と解釈
・疼痛・異常感覚に対する臨床戦略~治療動画あり~
・感覚・知覚に基づくハンドリングの有効性の解説~実技あり~
・感覚・知覚に焦点を当てた動作・運動に対するアプローチ~実技あり~
・感覚・知覚に焦点を当てたADLに対するアプローチ~実技あり~
 
【開催日時】 2018年4月29日(日) 10:00~16:00

詳しくはこちら

2018/02/14  Therapeutic Manipulation®Course総論(2月25日~4月29日 ウィリング横浜)主催:SESSION

包括的概念の基礎を学ぶコース
【テーマ】 脊椎は骨格筋や神経、血管、内臓などの関連が深い部位です。そのため機能不全を起こしている場合、脊椎は問題となっている要素と関連が深い指標になります。このコースでは、問題となっている要素を見つけだし、機能不全を根本から治療していきます。
 
【内容】 
①Therapeutic Manipulation&reg;について
②三大徒手療法とアプライドキネシオロジーについて
③健康の三要素
④椎間孔5つの因子
   ・脊椎反射ポイント
  ・神経リンパ反射ポイント
  ・神経血管反射ポイント
  ・経絡
  ・脳脊髄液
⑤セラピューティック・ローカリゼーション(TL)
⑥チャレンジ
⑦トリガーポイント障害とカウンターストレイン障害について
⑧テクニック:筋力テスト
(大腰筋、ハムストリングス、大胸筋鎖骨部 etc.)
⑨テクニック:MET / PRT
(大腰筋)
⑩テクニック:スパイナルマニピュレーション
 

詳しくはこちら

2017/12/27  2018国際PNF協会認定講習会 in 川崎(8月25日~29日 特別養護老人ホームビオラ川崎)主催:pnf.groovy

【内容】 筋力の基礎医学、ADL改善の方法論、痙縮/痛みの基礎、患者様を通しての評価、治療の実際など
 
【開催日時】 
レベル1 2018年5月26日~30日
レベル2 2018年8月25日~29日
 
【会場】 特別養護老人ホームビオラ川崎
神奈川県川崎市川崎区小田栄2-1-7

詳しくはこちら

2017/12/27  【触診が苦手な方限定】第6期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース(4月7日~6月2日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

3ヶ月で触診とアプローチ法を習得。信頼される療法士の土台を作る。
 
【テーマ】 触診を通して患者様・利用者様のリハビリをデザインできるようになる。
 
【内容】 
1か月目 体幹編 
2か月目 上下肢編1
3か月目 上下肢編2 
 
それぞれ触診・関節モビライゼーション・筋膜リリース・症例検討等を行います。
*詳しい内容はHPよりご確認ください。http://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
 
【開催日時】 第6期 平成30年
4月7,8日
5月5,6日
6月2,3日
9時30分~16時30分
*日程の都合がつかない場合は別の日程へ振替も対応いたします。

詳しくはこちら

2013/07/31  神奈川県療育連絡会(メーリングリスト)参加希望者募集のお知らせ 主催:神奈川県療育連絡会

神奈川県療育連絡会(メーリングリスト)参加希望者募集のお知らせ

【発起人】・神奈川県立こども医療センター 理学療法士 鈴木奈恵子(代表)
      ・北里大学 理学療法士 横山美佐子
      ・横浜市東部地域療育センター 理学療法士 萩原聡

【テー マ】 この度神奈川県の小児リハビリテーションに関わる支援者が地域や技術についての情報を交換するためのメーリングリストを有志で立ち上げました。小児 専門施設の方だけでなく、成人施設で一部小児に関わっている方、訪問看護ステーションにお勤めの方、自治体職員の方などとも情報交換もできればと考えて立 ち上げました。
【内容】 参加希望者を募ります。職種は問いません。参加を希望される方は氏名・所属・職種・職場電話と登録希望アドレスを記入の上、下記のアドレスへメールをお送りください。satoru1@mua.biglobe.ne.jp 神奈川県療育連絡会宛て

詳しくはこちら