理学療法士の皆様へ

理学療法士の皆様へ

カテゴリタイトル

個人・他団体・企業主催イベント

2019/10/17  【東京】基礎研修 上肢の《機能解剖》と《触診・ROM-ex》の基礎を学ぶセミナー(11月16、17日 東大島文化センター)主催: 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

【東京】基礎研修 上肢の《機能解剖》と《触診・ROM-ex》の基礎を学ぶセミナー   【テーマ】 ~最新の筋膜の解剖に沿って、上肢の機能解剖を学ぶ~ 【内容】 新人、若手セラピストの多くが壁にぶつかるのは、「評価ができない」ことと「可動域の改善ができないこと」とよく耳にします。 患者さんや利用者さんの目的に向かって介入をしていきますが、問題となっている関節や筋肉に対して【どのようにアプローチ】したら良いか分からなかったり、そもそも問題となる関節と筋肉を同定するために【どのように評価】したら良いか分からないということはありませんか? 実際、「機能解剖を座学として勉強はした...

詳しくはこちら

2019/10/08  【1単位20分で変化を出す】膝疾患に対する評価とアプローチ法(12月15日 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー)主催:療法士活性化委員会

【1単位20分で変化を出す】膝疾患に対する評価とアプローチ法 【サブタイトル】 膝関節疾患のみかたとアプローチ 【テーマ】 膝関節疾患の評価とアプローチを学び「ありがとう」と言われる療法士になる。 【内容】 1、変化の出るアプローチ法 ・脛骨大腿関節のモビライゼーション ・膝蓋大腿関節のモビライゼーション ・近位脛腓関節のモビライゼーション ・ハムストリングスに対するアプローチ ・膝窩筋に対するアプローチ 2、膝関節疾患に対する評価法 ・姿勢、動作観察のポイント ・スクワッティングテスト(動作時の疼痛の再現テスト) ・前方引き出しテスト(脛骨大腿関節、近位脛腓関節...

詳しくはこちら

2019/10/08  【触診が苦手な方限定】ROMexを効率的に行うための触診・アプローチ法【体幹編】(12月14日 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー)主催:療法士活性化委員会

【触診が苦手な方限定】ROMexを効率的に行うための触診・アプローチ法【体幹編】 【サブタイトル】 体幹のROMexと効果的なアプローチ法 【テーマ】 触診を通して効率的なROMexを習得する 【内容】 【体幹編】 ・ROMexを行う目的 ・ROMのend feelの分類と感じかた(実技) ・制限因子に対する評価の順番と方法(実技) ・触診(肩甲骨、骨盤、脊柱、大腰筋、多裂筋) ・アプローチ法(肩甲骨、骨盤、脊柱、大腰筋、多裂筋) ・PIRを用いた可動域の改善法と運動療法 ・アプローチの効果を持続させるための方法 【開催日時】 【体幹編】2019年12月14日(土)1...

詳しくはこちら

2019/10/08  【動作分析が苦手な方の限定】動作分析ワークショップ(11月16日 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー)主催:療法士活性化委員会

【動作分析が苦手な方の限定】動作分析ワークショップ 【サブタイトル】 動作分析をグループで繰り返し行ってみよう! 【テーマ】 動作分析の練習を繰り返して再現できる目と考え方を習得する 【内容】 ・動作分析のポイント ・グループワーク  動作を見て事実をあげてみる  事実を元に分析してみる  必要な評価を抽出する ・グループでたくさんの人の動作分析を繰り返す   【開催日時】 2019年11月16日(土)9時30分〜12時30分 【会場】 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー 〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワ...

詳しくはこちら

2019/10/08  動作分析から見る問題点の抽出と評価・アプローチ法(10月20日 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー)主催:療法士活性化委員会

動作分析から見る問題点の抽出と評価・アプローチ法 【サブタイトル】 基本動作のポイントとみかた 【テーマ】 動作分析のポイントを掴み適切な評価・アプローチをおこなるようになる。 【内容】 AM:基本動作分析 ・基本動作分析で必要な4つのポイント ・基本動作分析で追求する問題点3つ ・動作分析のポイント(寝返り、起き上がり、起立、歩行) ・実技練習 PM:評価とアプローチ ・関節モビライゼーション(肩甲胸郭関節、脊柱) ・筋膜リリース(大腰筋) ・動作分析を歩行に繋げる方法 ・動作分析グループワーク 【開催日時】 2019年10月20日(日)10時~16時00分(...

詳しくはこちら

2019/09/30  第17回神奈川内部障害リハビリテーション研究会(10月19日 ウィリング横浜)主催:神奈川内部障害リハビリテーション研究会

第17回神奈川内部障害リハビリテーション研究会 ~腎臓リハビリテーションを理解しよう~ 【テーマ】 腎臓リハビリテーション 【内容】 『腎臓病に運動を実施するなんて』という時代がありました。近年では腎臓と運動に対する常識も刻々と変化してきています。理学療法を実施していくと腎臓との重複障害をもつ患者を治療することがとても多いことに気づきます。今後ますます高齢化社会になり、急性期でも慢性期でも患者を診るうえで、腎臓病という診断がついていなくても腎機能を評価することは必須になっていくと思われます。 今回は臨床でご活躍されている2人の先生から、腎臓病に対する理学療法について現場の私たちに沿...

詳しくはこちら

2019/09/30  第23回医療・健康フェスティバル(10月20日 横浜駅東口・横浜そごう前地下広場)主催:神奈川県保険医協会

第23回医療・健康フェスティバル 【サブタイトル】 安心して医療にかかれる社会へ~実現しよう!医療費の窓口負担ゼロ~ 【テーマ】 安心して医療にかかれる社会へ~実現しよう!医療費の窓口負担ゼロ~ 【内容】 当会では県民の皆様に広く医療・健康問題に関心を持っていただく事を目的に、「医療・健康フェスティバル」と題した企画を定期開催しております。医師・歯科医師による無料健康相談は毎年市民の皆様に大変好評をいただいております。今年は、着ぐるみキャラクターゼロくん(http://www.iiiryou.com/zero/)と一緒に写真を撮ってSNSに投稿すると、景品がもらえる企画も実施します。...

詳しくはこちら

2019/09/18  【触診が苦手な方限定】第13期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー(1月11日、12日他 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

【触診が苦手な方限定】第13期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー 【サブタイトル】 当たり前のことが当たり前にできるようになり「ありがとう」と言われる療法士の土台を作ります。 【テーマ】 触診を通して評価・アプローチの方法を学び、症例検討を通してどのように臨床に応用していくかを学んでいきます。 【内容】 1か月目 体幹編(関節・筋肉) 2か月目 上下肢編1(関節・筋肉) 3か月目 上下肢編2 (関節・筋肉) それぞれ関節・筋肉の触診、関節モビライゼーション、筋膜のリリース、ICFに基づく評価の考え方、報告書の書き方、症例検討等を行います。 *詳しい内容はHPよ...

詳しくはこちら

2019/09/13  学齢期の子ども支援に携わる医療専門職の懇話会(10月12日 横浜市教育会館)主催:神奈川県特別支援学校理学療法士連絡会

学齢期の子ども支援に携わる医療専門職の懇話会 【サブタイトル】 第一回・訪問リハ、訪問看護での関わり編 【テーマ】 神奈川県特別支援学校理学療法士連絡会では、学齢期の子どもたちの支援に携わる専門職間の情報交換・連携を目的とした懇話会を開催します。 この懇話会は、参加者が直接顔を合わせて取り組みの共有や意見交換を行うことで、今後の各地域でのネットワーク構築のスタートに繋がればと考え企画しました。 なお、第2回として、冬頃に「放課後等デイサービスでの関わり」編を予定しています。 【内容】 (1) 懇話会:自己紹介、支援での困り感の共有、好事例の共有 等 (2) グループワーク:「...

詳しくはこちら

2019/09/13  パーキンソン病に対する効果的な介入(12月6日 金沢公会堂)主催:コウセラ

パーキンソン病に対する効果的な介入 ~発症早期のパーキンソン病への運動指導から患者指導まで~ 【テーマ】 パーキンソン病に対する効果的なアプローチのポイントを学び、明日からの臨床に活かす!! 【内容】 本ナイトセミナーでは、発症早期のパーキンソン病運動療法やアメリカで開発された運動療法であるLSVT BIG®️の実際を実技を通して効果的な介入に関してご講演いただきます。また臨床上よく対応をせまられる「腰曲がり」や「すくみ足」への運動療法も学びます。 【セミナー内容】 (実技中心) ・Hoehn & YahrⅠ~Ⅲのパーキンソン病運動療法について ...

詳しくはこちら

2019/09/10  顎関節をリハビリに応用する(11月17日 全国家電会館)主催:動きと痛みLab

顎関節をリハビリに応用する   【テーマ】 口腔・顎関節に精通した歯科医とセラピストから学べる貴重な機会です。今回の講習会では基礎編として口腔・顎関節と顎関節症についてお話し、応用編として、顎関節の臨床応用についてこの分野の第一人者である古泉先生に講義してもらいます。 ・遠藤優先生「顎関節をリハビリに応用する(基礎編)」                     ・古泉貴章先生「顎関節をリハビリに応用する(応用編)」   【基礎編セミナー内容】 ・口腔内の解剖(舌・歯)・顎関節周囲の解剖・咬合の診方・顎関節症とアプローチ                   ...

詳しくはこちら

2019/08/15  【東京】はじめての歩行分析で押さえておきたい3つの分析ポイント・アプローチ法(10月19日、20日 東大島文化センター)主催: 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

【東京】はじめての歩行分析で押さえておきたい3つの分析ポイント・アプローチ法   【テーマ】 歩行分析の3つのポイントを学び、臨床で即実践できる 【内容】 歩行分析は難しいと感じていませんか? 本研修会では、歩行分析でみるべき3つのポイントを押さえ、歩行時の問題点を抽出できるようになることを目指します。 (1日目) •歩行分析を可能にするたった3つのポイントとは •肩甲骨のアライメントについて •骨盤の動揺について •ロッカーファンクションについて •動画を使って歩行分析(グループワーク) (2日目) 歩行...

詳しくはこちら

2019/08/15  【東京】筋膜の新常識 組織滑走法入門講座(9月29日 東大島文化センター)主催:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

【東京】筋膜の新常識 組織滑走法入門講座   【テーマ】 最新の筋膜の機能解剖に基づいた徒手的アプローチを学ぶ 【内容】 本研修会では、筋膜周辺の最新の組織解剖を学びつつ「肩関節の可動域制限」「座位安定性の低下」「歩行バランスの不安定さ」など臨床で見られる現象とのつながりと評価ポイント、さらにアプローチ方法4つを学ぶことが出来ます。 1. 腹部軟部組織へのアプローチ  →腹膜前壁を構成する腹筋群と腹膜との間、腹膜と各臓器との間の滑走を促すアプローチです。 2. 肘関節(橈尺関節)周囲の組織へのアプローチ  →橈尺関節周囲の組織滑走を促すことにより...

詳しくはこちら

2019/08/15  【東京】最新の筋膜の解剖を「基礎」から学ぶ! 筋膜の徒手療法の実際(9月28日  東大島文化センター)主催:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

【東京】 最新の筋膜の解剖を「基礎」から学ぶ!  筋膜の徒手療法の実際 ~最新の筋膜の機能解剖と、効果的な徒手的アプローチを学ぶ~ 【テーマ】 ~最新の筋膜の機能解剖と、効果的な徒手的アプローチを学ぶ~ 【内容】 この講義では、以下の4点を学ぶことができます。 1. 筋膜の解剖の基礎 2. 筋膜の最新の知見 3. 最新の知見に基づいた徒手療法の理論と方法 4. 理論をリハビリテーションに活用する方法 *以下のような悩みをお持ちの方へ* 一度しっかり筋膜とその治療方法を学んでみませんか? ・臨床的に重要な筋膜を基礎から学びたい。 ・「筋膜リリース」など、解剖的に何が起こ...

詳しくはこちら

2019/08/14  高齢者の疼痛に対する徒手療法を中心としたアプローチ(頸部痛編・腰部痛編)(11月2日、3日 鎌倉芸術館/八洲学園大学)主催:コウセラ

高齢者の疼痛に対する徒手療法を中心としたアプローチ(頸部痛編・腰部痛編)  米国理学療法士に学ぶ2日間!! 【テーマ】 高齢者の頸部・腰部痛の対応を徒手療法中心に学ぶ 【内容】 今回のセミナーは米国理学療法士であり、頸部痛・腰部痛の徒手療法に関して第一線で活躍されている新潟医療福祉大学助教授の神田賢先生による2日間のセミナーです。 1日目は頚部痛に対する徒手療法中心のセミナー!! 2日目は腰部痛に対する徒手療法中心のセミナー!! ※1日のみでも受講可能(1日のみでも臨床上、十分に役立つ内容となっています)。 当セミナーは2日間十分な時間を確保し、アシスタント講師もつき、丁寧な...

詳しくはこちら

2019/08/01   第4回小田原保健医療学部同窓会 理学療法部門大会(9月29日 国際医療福祉大学小田原保健医療学部)主催: 国際医療福祉大学マロニエ会

 第4回小田原保健医療学部同窓会 理学療法部門大会   【テーマ】 がんの最前線-運動・栄養の観点から創造する理学療法- 【内容】 大会テーマ「がんの最前線-運動・栄養の観点から創造する理学療法-」に合わせて、特別講演、シンポジウムを行います。合併症としても多くなってきたがんについて,臨床にも研究にも活かすことのできる企画と致しましたので、多くの方のご参加をお待ちしております。 ◆日時:2019年9月29日(日)10時00分~16時00分 ◆会場:国際医療福祉大学小田原保健医療学部(5階)B502・3教室 ◆会費:国際医療福祉大学および大学院卒業生無料  ...

詳しくはこちら

2019/07/19  旅サポーター養成講座(9月7日~8日 世田谷ボランテイアセンター)主催:NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会

旅サポーター養成講座~ みんなで旅をサポートしよう!~ 【テーマ】 障害をお持ちの方々や高齢者の旅(外出を含む)を同行介助するためのノウハウを学ぶ 【内容】 1.「高齢者、障がい者の理解と対応」 2.「当事者からのメッセージ」 3.「鉄道の旅」 4.「空旅の留意点」 5.「観光業について」 6.「視覚障害の理解と実際」 7.「ホスピタリティー」 8.「身体 障がいの理解と実際」9.「ホテルマンからのアドバイス」 【開催日時】 令和元年9月7日(土)~8日(日)10:00~19:30 【会場】 東京都世田谷区・世田谷ボランテイアセンター 【受講料】 14,000円(...

詳しくはこちら

2019/07/18  横浜市福祉用具貸与サービス適正利用のための計画点検事業 session 2  点検

横浜市福祉用具貸与サービス適正利用のための計画点検事業 session 2  点検 「点検事業所 募集」 【内容】利用者様の自立度の向上、利用者様を含めたご家族の生活支援のために、福祉用具の活用は不可欠です。福祉用具専門相談員の皆様が提供したサービス計画を理学療法士と振り返りながら、その福祉用具を提供した理由、効果について確認します。このディスカッションは、福祉用具がより効果的に活用されるようにするための取り組みです。 【点検日】 令和元年8月~令和2年2月;1.5時間程度 【点検場所】 各事業所 【点検者】 (公社)神奈川県理学療法士会会員 理学療法士1~2名 点検までの手...

詳しくはこちら

2019/07/10  【東京】リハビリにおける「脊柱」アプローチ戦略講座(8月25日 古石場文化センター)主催:国際統合リハビリテーション協会

【東京】リハビリにおける「脊柱」アプローチ戦略講座 【サブタイトル】 ~脊柱を中心にリハビリの基本戦略、効果的なアプローチを学ぶ~ 【テーマ】 ~脊柱を中心にリハビリの基本戦略、効果的なアプローチを学ぶ~ 【内容】 リハビリテーションを効果的に行うにあたり、 重要なカギを握るのは「戦略」です。 戦略は、以下の順に組み立てられます。 目標 → 戦略 → 戦術 目標を達成するために必要なアプローチ(戦術)を 効果的に行う準備をするのが「戦略」です。 目標も戦略も立たないままでは、 ・単発のアプローチを行う事に振り回される ・効果の検証ができず、評価にな...

詳しくはこちら

2019/07/10  【東京】リハビリにおける「骨盤」アプローチ戦略講座(8月24日 東大島文化センター)主催:国際統合リハビリテーション協会

  【東京】リハビリにおける「骨盤」アプローチ戦略講座 【サブタイトル】 ~骨盤帯を中心にリハビリの基本戦略、効果的なアプローチを学ぶ~ 【テーマ】 ~骨盤帯を中心にリハビリの基本戦略、効果的なアプローチを学ぶ~ 【内容】 リハビリテーションを効果的に行うにあたり、 重要なカギを握るのは「戦略」です。 戦略は、以下の順に組み立てられます。 目標 → 戦略 → 戦術 目標を達成するために必要なアプローチ(戦術)を 効果的に行う準備をするのが「戦略」です。 目標も戦略も立たないままでは、 ・単発のアプローチを行う事に振り回される ・効果の検...

詳しくはこちら

2019/07/10  【東京】骨盤介入のために必要な評価〜関節編〜(8月9日  渋谷区文化総合センター大和田)主催:国際統合リハビリテーション協会

 【東京】骨盤介入のために必要な評価〜関節編〜 【サブタイトル】 ~骨盤へ介入するために必要な評価を学ぶ~ 【テーマ】 ~骨盤へ介入するために必要な評価を学ぶ~ 【内容】 この様な悩みを抱えて臨床で悩んでいませんか?   ・骨盤が後傾しているのはわかるけど何が原因? ・なんとなくでアプローチするけど効果ない ・仮説→検証の流れが大事なのわかるけど、仮説が立てられない ・そもそも骨盤が動く時にどこが動いているの? この講義では以下の内容が手に入ります。 ・股関節可動性の評価方法 ・仙腸関節可動性の評価方法 ・腰椎可動性の評価方法 ・上記...

詳しくはこちら

2019/07/10  【東京】筋膜の解剖を「基礎」から学ぶ! 筋膜の徒手療法の実際(8月4日  東大島文化センター)主催:国際統合リハビリテーション協会

【東京】筋膜の解剖を「基礎」から学ぶ! 筋膜の徒手療法の実際 【サブタイトル】 ~ADL・動作の改善につながる筋膜の解剖を学ぶ~ 【テーマ】 ~ADL・動作の改善につながる筋膜の解剖を学ぶ~ 【内容】 この講義では、以下のことを学ぶことができます。 1. 筋膜の解剖の基礎 2. 筋膜の最新の知見   リハビリテーションにおいて、筋膜のどの部分にアプローチしているのか、層構造となっている筋膜の最新の構造的特徴を学びます。 3. 最新の知見に基づいた徒手療法の理論と方法 最新の筋膜構造を学んだうえで、組織滑走法(Tissue Gliding Approach)を3種類(体幹深層...

詳しくはこちら

2019/07/10  【東京】リハビリにおける筋膜アプローチ戦略講座(8月3日 東大島文化センター)主催:国際統合リハビリテーション協会

【東京】リハビリにおける筋膜アプローチ戦略講座 【サブタイトル】 筋膜に対するリハビリテーションの基本戦略と、効果的なアプローチを学ぶ 【テーマ】 筋膜に対するリハビリテーションの基本戦略と、効果的なアプローチを学ぶ 【内容】 「障害だけを見ていればいいわけではない」 「個人因子をどこまで見ればいいのかわからない」 今回の講義は、その迷いや悩みを解決できる内容です! リハビリテーションを効果的に行うにあたり、 重要なカギを握るのは「戦略」です。 戦略は、以下の順に組み立てられます。 目標 → 戦略 → 戦術 目標を達成するために必要なアプローチ(戦術...

詳しくはこちら

2019/06/28  脳画像を活用した脳卒中リハビリテーション(9月22日 ウィリング横浜)主催:コウセラ

脳画像を活用した脳卒中リハビリテーション 【サブタイトル】 “脳卒中リハの地図”を理解する 【テーマ】 脳画像を活用し、効果的で適切なリハビリテーションを臨床展開する 【内容】  脳卒中リハビリテーションにおいて脳画像を活用したいと考えても、脳画像の知識をうまく症例に活かせずに悩まれている方も多いのではないでしょうか。  当セミナーでは脳画像の基本から治療プログラム立案まで、演習を通して経験が浅い方でもわかりやすいように解説していただきます。また悩んでいる担当症例の脳画像をご持参いただき講師の先生に直接みていただくことも可能です。明日の臨床から脳画像を活用し...

詳しくはこちら

2019/06/21  ROMexを効率的に行うための触診・アプローチ法セミナー【上肢編】(8月17日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

ROMexを効率的に行うための触診・アプローチ法セミナー【上肢編】 【サブタイトル】 ROMの基礎から触診、具体的な介入法を習得する。 【テーマ】 より効率的にROMexを行うことでADLに繋がるリハビリを提供する。 【内容】 【上肢編】 ・ROMexを行う目的 ・ROMのend feelの分類と感じかた(実技) ・制限因子に対する評価順番と方法(実技) ・触診(肩甲胸郭関節、肩甲上腕関節、手根中手関節、棘下筋、浅、深指屈筋) ・アプローチ法(肩甲胸郭関節、肩甲上腕関節、手根中手関節、棘下筋、浅、深指屈筋) ・PIRを用いた可動域の改善法と運動療法 ・アプローチの効果を...

詳しくはこちら

2019/06/21  脊柱疾患のリハビリを効率的に行うための触診セミナー(8月18日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

脊柱疾患のリハビリを効率的に行うための触診セミナー 【サブタイトル】 触診の基礎から評価、具体的な介入まで習得する。 【テーマ】 触診を通して脊柱疾患の評価とアプローチ法を学びます。 【内容】 1、脊柱疾患の病態について 2、介入の際の注意点・リスク管理 3、触診(肩甲骨、骨盤、脊柱、股関節、大腰筋) 4、評価 ・動作観察(起立、歩行) ・姿勢観察(立位、片脚立位) ・機能検査(FFD、Patrick、Thomas、PLF、Chest expansion) 5、アプローチ 肩甲胸郭関節、脊柱、仙腸関節、股関節のモビライゼーション、大腰筋のリリース 【開催日時】 20...

詳しくはこちら

2019/06/14  複合的・対話的腰痛アプローチ ILPTベーシックセミナー(12月1日 ウイリング横浜)主催:一般社団法人 赤羽総合腰痛研究所

複合的・対話的腰痛アプローチ ILPTベーシックセミナー 【サブタイトル】 腰痛改善×コミュニケーション ~腰痛のサイエンスと心理学を用いた対話的技法~ 【テーマ】 「疾病」ではなく「ひと」を治療対象に! 【内容】  患者さん、利用者さんとの信頼関係を築きつつ、腰痛の自己管理など「心身の健康」につながる行動を「自ら選択」できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法の講義、治療デモ、および実技を行います。その技法は、子育て、夫婦関係など、大切な人との関わり方をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   【参加者の声】 「翌日から、臨床が激変しました!...

詳しくはこちら

2019/06/10  【東京】肩疾患に対する骨格・筋膜アプローチセミナー(7月21日 砂町文化センター)主催:国際統合リハビリテーション協会

【東京】肩疾患に対する骨格・筋膜アプローチセミナー 【サブタイトル】 ADLと肩の問題、全身のつながりを学ぶ 【テーマ】 ADLと肩の問題、全身のつながりを学ぶ 【内容】 こんなことで悩んでいませんか? * 肩関節の可動域制限の改善ができない * どこから評価していいかわからない * 評価の方法があっているかからない * ローテーターカフの筋トレぐらいしか介入法がわからない * 肩の痛みを軽減できない * 肩関節周囲の触診ができない * 介入方法があっているかわからない 

この講義では、これら肩関節に関連する悩みに、評価と介入の方法を実技を通して体験しながら、リハビ...

詳しくはこちら

2019/06/10  【東京】臨床の基礎「ROM-exと触診の基本を学ぶセミナー、下肢編・上肢編」(6月29日、30日 東大島文化センター)主催:国際統合リハビリテーション協会

【東京】臨床の基礎「ROM-exと触診の基本を学ぶセミナー、下肢編・上肢編」 【サブタイトル】 ROM-exと触診の基礎を学ぶ 【テーマ】 ROM-exと触診の基礎を学ぶ 【内容】 新人、若手セラピストの多くが壁にぶつかるのは、
 可動域の改善ができないこと。と良く耳にします。   患者さんや利用者さんの目的に向かって介入をしていきますが、
 問題となっている関節や筋肉は分かるけど、
 実際にそこに対して どのようにアプローチしていいかが
分からないことはありませんか??   対象となる身体部位に関しての触り方でも、変化の度合いは大きく変わってきま...

詳しくはこちら

2019/06/10  【東京】骨盤の評価とアプローチ体験講座(6月22日  砂町文化センター第1会議室)主催:国際統合リハビリテーション協会

【東京】骨盤の評価とアプローチ体験講座 【サブタイトル】 「仙腸関節に介入する意義」 【テーマ】 骨盤と全身の評価をつなげる 【内容】 こんなことで悩んでいませんか? * 骨盤の評価がわからない * 骨盤がどこに関係しているかがわからない * ずっと同じアプローチが続いているけれど、成果が出なくて行き詰まっている   
こんな風にお悩みでしたら… あなたの身体で、 骨盤へのアプローチ前後に起こる変化を直接体験して 骨盤の評価法を学んでみませんか? 当日は、臨床での使い方もお話させていただきます! 体験から得られる知識は、現場に必ずつながるこ...

詳しくはこちら

2019/06/05  【触診が苦手な方限定】第12期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー(10月5・6日、11月2・3日、12月7・8日 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー)主催:療法士活性化委員会

【触診が苦手な方限定】第12期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー 【サブタイトル】 当たり前のことが当たり前にできるようになり「ありがとう」と言われる療法士の土台を作ります。 【テーマ】 触診を通して評価・アプローチの方法を学び、症例検討を通してどのように臨床に応用していくかを学んでいきます。 【内容】 1か月目 体幹編(関節・筋肉) 2か月目 上下肢編1(関節・筋肉) 3か月目 上下肢編2 (関節・筋肉) それぞれ関節・筋肉の触診、関節モビライゼーション、筋膜のリリース、ICFに基づく評価の考え方、報告書の書き方、症例検討等を行います。 *詳しい内容はHPよ...

詳しくはこちら

2019/05/30  麻痺の促通と分離法(7月21日 ウィリング横浜 )主催:療法士活性化委員会

 麻痺の促通と分離法 ~ 麻痺の回復段階に合わせた分離と促通法~ 【テーマ】 ステージに合わせて適切な分離促通法を習得する 【内容】 ・脳卒中の疫学 ・促通と分離について ・麻痺の促通法 ・麻痺の分離法 ・ブルンストロームステージの確認 ・関節モビライゼーション ・筋膜リリース ・ハンドリング法 【開催日時】 2019年7月21日(日)10時〜16時 【会場】 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー 〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内 【受講料】 9,800円(税込) 【講師】 加藤淳 【定員】 ...

詳しくはこちら

2019/05/30  発達からみる脳卒中片麻痺の動作の回復過程(7月20日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

発達からみる脳卒中片麻痺の動作の回復過程 ~ 発達段階に合わせた動作の獲得と運動療法の選択~ 【テーマ】 動作の回復段階に合わせた運動療法の選択と方法を習得する 【内容】 発達の段階に必要な機能について(身体機能・脳機能) 発達の段階が必要な理由(発達段階を飛ばしての発達はない) 動作の獲得の過程と発達の共通点 発達段階とその時に必要な機能 背臥位(頭頚部の安定性など) 腹臥位(頭部の立ち直り反応、脊柱・肩甲帯・体幹筋の協調的な活動) 側臥位(荷重側の体幹の伸展など) 寝返り(頭部のコントロール、上肢の運動など) 坐位(正中位指向、骨盤での支持基底面など) 立位 ...

詳しくはこちら

2019/05/28  【いまさら聞けない解剖学】セラピストのための臨床解剖学 -変形性膝関節症編-(8月18日 八洲学園大学)主催:コウセラ

【いまさら聞けない解剖学】セラピストのための臨床解剖学 -変形性膝関節症編- 【サブタイトル】 変形性膝関節症に特化した、治療実技中心のセミナー!! 【テーマ】 痛みの評価治療のための解剖学・運動学の臨床応用を学ぶ 【内容】 「いまさら聞けない解剖学」の吉田俊太郎先生のコウセラセミナー!!変形性膝関節症に特化した、中でも治療実技中心のセミナー!!横浜開催です!!  本セミナーでは治療実技を中心として、膝関節の構造の解剖学的知識の習得と解剖学・運動学的視点から変形性膝関節症の臨床への応用を学びます。膝関節の基本的な内容からお話ししていただき、実技では実技アシスタントの先生が2名補助に...

詳しくはこちら

2019/05/22  体幹と骨盤の評価と運動療法(9月1日 全国家電会館 5F講堂)主催:臨床家のための運動器研究会

体幹と骨盤の評価と運動療法 【テーマ】 体幹は四肢いずれの運動においても土台として重要な役割を果たし、動作の安定性やスムーズな動作遂行において非常に重要になります。しかし、体幹は大まかな評価にとどまることが多く、詳細な評価が難しい部位でもあります。体幹機能を高めることは、下肢や上肢の良好な反応を引き出すことにつながります。今回のセミナーでは筋電図のデータ等を交えながら、それぞれの筋の役割の違いをどのようにとらえるか、臨床的にどのような評価・治療が効果的か実技を交えてご講義させていただきます。  【セミナー内容】 1  座位に必要な体幹機能  2&nb...

詳しくはこちら

2019/05/13  【ナイトセミナー】上肢痛に対する頸部からのアプローチ(7月18日 横浜市金沢公会堂)主催:コウセラ

【ナイトセミナー】上肢痛に対する頸部からのアプローチ 【サブタイトル】 上肢の神経因性疼痛を制する 【テーマ】 上肢痛に対する頚部へのアプローチのポイントを学ぶ 【内容】  当セミナーでは上肢痛に対する頚部への評価・治療を徒手療法を中心とした実技中心にご講演いただきます。  高齢者リハビリテーションにおいて、頻繁に対応を迫られるものの一つに上肢痛があります。ひとくちに上肢痛といっても原因は多岐にわたります。肩・手などの疼痛部位に原因がなく難渋する症例も多いかと思いますが、その場合、頸部に原因がある神経因性疼痛の割合は少なくありません。また頸部ということで介入をあきらめてしまうケース...

詳しくはこちら

2019/04/25   【東京】筋膜アプローチの新常識!組織滑走法入門講座(6月16日 板橋区グリーンホール)主催:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

【東京】筋膜アプローチの新常識!組織滑走法入門講座 【テーマ】 徒手アプローチを1から学べます 【内容】 人体を巡る血液・脳脊髄液・間質液・リンパ液などの循環不全は組織に様々な影響を及ぼし、筋・筋膜のみならず、神経伝達・内臓の働きにも影響を与えることが明らかになってきています。
   当講習会では主に筋骨格にアプローチを行い、膜組織同士の滑走を生み出し膜組織に変化を出すことで毛細血管や神経組織の解放を可能にするIAIRがリハビリ専門職専用に創り出したアプローチ法:組織滑走法を、実技を通して科学的理論と実践方法を学ぶことができます。
   【講義内容】 ・組...

詳しくはこちら

2019/04/25  【東京】基礎研修会「トイレ動作に必要な体幹評価とアプローチ」(6月15日 板橋区グリーンホール)主催:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

【東京】基礎研修会「トイレ動作に必要な体幹評価とアプローチ」  トイレ動作の問題と、動作のつながりを学ぶ 【テーマ】 トイレ動作の問題と、動作のつながりを学ぶ 【内容】 このセミナーでは、 トイレ動作で必要になる体幹機能の評価方法と
シンプルで効果の出しやすい筋膜、関節への徒手アプローチを、実技を通して実践的に学べます。 

講習会後も継続して学べるよう、復習会も随時開催しております。
   【講義内容】 ・立ち上がりに必要な体幹機能 ・体幹機能の評価と解釈(Finger floor distance (FFD) 検査) ・体幹に影響を及ぼす3つの原...

詳しくはこちら

2019/04/18  2019年度神奈川県トレーナー研修会(前期)(6月2日、16日、23日 神奈川県立スポーツ会館会議室・体育館)主催:公益財団法人神奈川県体育協会

「スポーツによる頭部外傷」 「それぞれの帯同形態とコンディショニング法」 「スポーツ外傷・障害(足部・足関節)」 「スポーツ動作の基本(投)」 「エマージェンシーアクションプラン」 「スポーツテーピング」 【内容】 コーチ、指導者、スポーツドクターとの緊密な協力体制の下に、スポーツ選手・愛好者の障害予防、コンディショニング等を行うトレーナーの資質向上を目的とする。 【開催日時】 第1日目 2019年6月2日(日) 第2日目 2019年6月16日(日) 第3日目 2019年6月23日(日)   【会場】 神奈川県立スポーツ会館会議室・体育館 (横浜市神奈川...

詳しくはこちら

2019/03/25  セラピストに必要な画像の視方と評価・治療への活用法(5月19日 湘南鎌倉総合病院 別館3F 講堂 )主催:湘南運動器リハビリテーション研究会

ー整形外科疾患の基本的なX-P・CT・MRIの視方ー 【テーマ】 運動器全般、画像所見、評価 【内容】     画像所見からは多くの情報が得られます。臨床の評価・治療をより適切に、 より効果的にするために必要な画像所見の視方を学んでいきます。ご興味のある方は是非ご参加ください。 【開催日時】 2019/5/19(日)10:00〜16:00(受付開始 9:30〜) 【会場】 湘南鎌倉総合病院 別館3F 講堂 https://www.shonankamakura.or.jp/access/ 【受講料】 5000円 【講師】 山本昌樹先生      明舞中央病院 リハビリテーシ...

詳しくはこちら

2019/03/23  【東京】肩疾患に対する骨格・筋膜アプローチセミナー(5月12日 砂町文化センター第6会議室 )主催:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

~ ADLと肩の問題、全身のつながりを学ぶ~   【内容】 このセミナーではシンプルで効果の出しやすい筋膜、関節への徒手アプローチと、 肩関節に起こりやすい病態の説明方法と解決方法を、実技を通して実践的に学べます。 講習会後も継続して学べるよう、復習会も随時開催しております。   本研修会を受講することで、   1.動作の際どこに着目すれば良いのかがわかります。   2.動きの着目点がわかります。   3.問題点の抽出とアプローチがスムーズに行えるようになります。   1. リハビリの仮説・検証...

詳しくはこちら

2019/03/23  【東京】膝疾患に対する骨格・筋膜アプローチセミナー(5月11日 東大島文化センター 第1会議室 )主催:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

~ADLと膝の問題、全身のつながりを学ぶ~   【内容】 このセミナーではシンプルで効果の出しやすい筋膜、関節への徒手アプローチと、 膝関節に起こりやすい病態の説明方法と解決方法を、実技を通して実践的に学べます。 講習会後も継続して学べるよう、復習会も随時開催しております。   本研修会を受講することで、   1.動作の際どこに着目すれば良いのかがわかります。   2.動きの着目点がわかります。   3.問題点の抽出とアプローチがスムーズに行えるようになります。   1. リハビリの仮説・検証の流れについ...

詳しくはこちら

2019/03/23  これからの教育・福祉を考える( 4月7日 大田区産業プラザPiO)主催:フォーラム実行委員会(株式会社LITALICO)

~サビ管・児発管フォーラム~ 【テーマ】 障害のある子どもの発達支援、障害のある大人の就労支援、よりよい支援のあり方、地域連携など   【内容】  障害のある方への支援のあり方や、地域連携のあり方について、広く様々な切り口から考えていただけるイベントです。 各界の第一線で活躍する方々が、多数登壇いたします。   【開催日時】4月7日(日)14:20~19:30   【会場】 大田区産業プラザPiO(東京都大田区南蒲田1丁目20-20)   アクセス: 京浜急行「京急蒲田」駅より徒歩約3分 JR京浜東北線、東急池上・多摩川線「蒲...

詳しくはこちら

2019/03/21  第14回日本訪問リハビリテーション協会学術大会inにいがた(6月29日~30日 朱鷺メッセ)主催:一般社団法人 日本訪問リハビリテーション協会

【テーマ】 トキめく訪問リハビリテーション~その扉を開けたあなたへ~ 【内容】 学会HPをご参照ください   URL:http://www.houmonreha.org/niigata/   【開催日時】 2019年6月29日(土)~30日(日)   【会場】 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 新潟県新潟市中央区万代島6-1   【受講料】  事前参加登録 日本訪問リハビリテーション協会会員10,000円(非会員12,000円) 当日参加受付 日本訪問リハビリテーション協会会員12,000円(非会員14,000...

詳しくはこちら

2019/03/21  姿勢と呼吸から介入する摂食・嚥下リハビリテーション(6月2日~30日 鎌倉芸術館)主催:コウセラ

基礎編と実践編の2日間!!
【テーマ】 脳卒中患者に出現する摂食・嚥下障害について姿勢や呼吸という観点から2日間にわたり臨床的な内容を学習する。
【内容】  理学療法士で摂食・嚥下に関して第一線で活躍されている東京医療学院大学 准教授の内田学先生によるセミナーです。脳卒中患者に出現する摂食・嚥下障害について姿勢や呼吸という観点から2日間じっくりと臨床的な内容を学習できます。1日目は座学中心の基礎編!!2日目は実技がある実践編!!初学者でも安心して受講いただけます。
 
1日目(座学中心)
1.姿勢調節機構と嚥下機能 
2.片麻痺患者の嚥下障害発生メカニズム 
3.姿勢異常と嚥下障害 
4.姿勢調節から判定する嚥下機能評価(超音波画像診断、嚥下音解析) 
5.呼吸調節機構と嚥下機能 
6.呼吸調節から判定する嚥下機能評価 
7.非麻痺側上肢の活動から判定する嚥下機能評価 
8.具体的な介入手法(姿勢介入・呼吸介入・作業介入)
 
2日目(実技中心)
1.姿勢調節機構・呼吸調節と嚥下機能
2.嚥下機能評価(実技:姿勢・呼吸・非麻痺側上肢)
3.姿勢から介入する嚥下リハビリテーション
4.呼吸から介入する嚥下リハビリテーション
5.活動から介入する嚥下リハビリテーション
6.ポジショニングの考え方
7ポジショニングで介入する嚥下リハビリテーション
 
※当セミナーは日本理学療法士協会の認定・専門理学療法士制度ポイント認定講習会となっております。各日で内部障害(全領域)の5ポイント(両日で10ポイント)が付与されます。
 

詳しくはこちら

2019/03/21  セラピストのための循環器疾患を有する高齢者への対応(5月10日 鎌倉芸術館)主催:コウセラ

循環器疾患の評価とリスク管理と介入のポイント
【テーマ】 循環器疾患を有する高齢者対応の臨床的なポイントを学ぶ
 
【内容】 (セミナー内容)
①基本的な循環器疾患と評価
②循環器疾患のリスク管理
③リハビリテーション場面における介入のポイント
 
 今回のナイトセミナーは『ゆみのハートクリニック』『筑波大学大学院人間総合科学研究科博士課程』の鬼村優一先生による高齢者の循環器疾患に関するセミナーを開催いたします。
 当セミナーでは鬼村先生にリハビリテーションの場面を想定した循環機能の評価とリスク管理について臨床に即した形でご解説を頂きます。理学療法士の鬼村先生は日々の臨床に加え、循環器疾患における学術活動や執筆活動を行うなど、循環器疾患に精通された先生です。また基本的な循環器疾患からご教授いただけるため、初学者でも安心して受講いただけます。
 

詳しくはこちら

2019/03/13  リハビリママ&パパの会 第20回勉強会のご案内(4月21日 埼玉県男女共同参画センター)主催:リハビリママ&パパの会

【テーマ】 初のパパセラピストによるパパ企画! 介護予防最前線×パパセラピストによるパネルディスカッション   【内容】 講義、ランチ会、パネルディスカッション、総会   【開催日時】 平成31年4月21日(日)   【会場】 埼玉県男女共同参画センター With Youさいたま 埼玉県さいたま市中央区新都心2-2   【受講料】 1000円 キッズルームご利用の場合はお子様1人につき100円の保険料がかかります。   【講師】 大渕修一先生(東京都健康長寿医療センター研究所) パネリスト 石塚亮平さ...

詳しくはこちら

2019/03/13  【触診が苦手な方限定】関節・筋の触診セミナー基礎編(6月15日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

触診の基礎を学び、信頼される療法士の土台を作ります。   【テーマ】 触診を通して評価・アプローチの方法を学び、臨床に応用していく方法を学んでいきます。   【内容】 ・触診が上達する6つのコツ ・触診の3か条 ・肩甲骨の触診 ・骨盤の触診 ・脊柱のランドマークの触診 ・大腰筋の触診 ・肩甲胸郭関節のモビライゼーション ・脊柱のモビライゼーション ・大腰筋リリース ・触診を応用した姿勢の観察法 ・触診を応用し動作分析法   【開催日時】 2019年6月15日(土)10時~16時00分(昼休憩1時間)   【会場】 ...

詳しくはこちら

2019/03/13  基本動作分析から見る問題点の抽出と評価・アプローチ法(5月19日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

動作分析から問題点を抽出し、適切な評価とアプローチを選択できるようになる   【テーマ】 寝返りの基本動作を評価・介入ができるようになり、歩行に繋げることができるようになる   【内容】 ・基本動作分析で必要な4つのポイント ・基本動作分析で追求する問題点3つ ・寝返り動作をシンプルにみる方法 ・実技練習PM:評価とアプローチ ・関節モビライゼーション(肩甲胸郭関節、脊柱) ・筋膜リリース(大腰筋) ・動作分析を歩行に繋げる方法   【開催日時】 2019年5月19日(土)10時~16時00分(昼休憩1時間)   【会場】...

詳しくはこちら

2019/03/13  【療活式 整形疾患ガイドライン】触診から紐解く大腿骨頚部骨折に対する評価と介入(4月21日 ウィリング横浜 )主催:療法士活性化委員会

大腿骨頚部骨折の介入で迷わなくなる   【テーマ】 触診を通して大腿骨頚部骨折の病態・リスク管理・評価介入法を学びます   【内容】1、大腿骨頸部骨折の病態について 2、介入の際の注意点・リスク管理 3、触診(骨盤、股関節、中殿筋、膝関節、足関節) 4、評価 ・動作観察(歩行) ・姿勢観察(立位、片脚立位) ・機能検査(Patrick、A-D、P-D) 5、介入 ・モビライゼーション:股関節、脛骨大腿関節、距腿関節 ・筋膜リリース:中殿筋 ・運動療法:Squat、Stepping   【開催日時】 2109年4月21日(日) 1...

詳しくはこちら

2019/03/13  評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー(4月20日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

5分でスクリーニングをし、ADL動作から評価を抽出する   【テーマ】 初期評価として必要なスクリーニングとADL動作に必要な評価の抽出方を学びます。   【内容】・評価の抽出方法 (動作・歩行の行程分析表を用いて抽出を行います) ・5分で終わるスクリーニング検査 (BRS・ROM・MMT・バレー兆候・協調性・高次脳検査・認知面を含めたスクリーニング検査を5分でできるように練習します。)   【開催日時】 2109年4月20日(土) 10:00~16:00   【会場】 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー 〒233-0...

詳しくはこちら

2019/03/06  【触診が苦手な方限定】第11期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー(7月6日~9月8日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

3ヶ月で触診とアプローチ法を習得。信頼される療法士の土台を楽しく作る。          【テーマ】 触診を通して評価・アプローチの方法を学び、症例検討を通してどのように臨床に応用していくかを学んでいきます。   【内容】     1か月目 体幹編 2か月目 上下肢編1 3か月目 上下肢編2    それぞれ関節・筋肉の触診・関節モビライゼーション・筋膜リリース・症例検討等を行います。 *詳しい内容はHPよりご確認ください。http://lts-seminar....

詳しくはこちら

2019/02/25  複合的・対話的腰痛アプローチ ILPT ベーシックセミナー~腰痛だけじゃない!人生がより楽しくなる対話的技法~(7月21日 練馬区立 区民・産業プラザ 研修室5)主催:一般社団法人 赤羽総合腰痛研究所

【テーマ】 「疾病」ではなく「ひと」を治療対象に!   【内容】 患者さん、利用者さんとの信頼関係を築きつつ、腰痛の自己管理など「心身の健康」につながる行動を「自ら選択」できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法の講義、治療デモ、および実技を行います。その技法は、子育て、夫婦関係など、大切な人との関わり方をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   【参加者の声】「翌日から、臨床が激変しました!患者さんと向き合えている感じがします」「私の関わり方が、腰痛をつくりあげていたかも?と気づきました」「腰痛の見方が180度変わりました」「即効性に驚きま...

詳しくはこちら

2019/02/22  横浜市港北区地域リハビリテーション連絡会 第2回勉強会(3月20日 横浜市障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール)主催:港北区地域リハビリテーション連絡会

【テーマ】介護予防事業の実践報告と地域ネットワークの作り方と活用講座 【内容】 *今回は、介護予防事業で普段から積極的に活動されているPT・OTの方による活動実践報告とリハ専門職の役割についてお話いただきます *また、明日の業務からすぐに、地域ネットワークをリアルに活用していくための、ネットワークの作り方と活用方法をレクチャーします名刺交換会もありますので、名刺をご用意のうえ是非ご参加ください。 【開催日時】 2019年3月20日(水) 19:00~20:00  受付開始 18:30 【会場】 横浜市障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール 2階 大会議室   &n...

詳しくはこちら

2019/02/14  【触診が苦手な方限定】第10期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー(4月6日~6月2日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

3ヶ月で触診とアプローチ法を習得。信頼される療法士の土台を作る。
【内容】 
1か月目 体幹編
2か月目 上下肢編1
3か月目 上下肢編2 
 
それぞれ関節・筋肉の触診・関節モビライゼーション・筋膜リリース・症例検討等を行います。
 

詳しくはこちら

2019/02/14  第3回 臨床に役立つ治療技術集会(5月19日 多摩市民館)主催: 臨床家のための運動器研究会

「臨床における私の評価・治療の工夫」一般参加(聴衆のみの参加)
【テーマ】 日々行っている臨床の工夫や技術を紹介する場です。新たな発見をしてみませんか?
 
【内容】 今年もアウトプットの場として、「臨床に役立つ治療技術集会」を開催いたします。
当会はインプットとアウトプットの両方の活動を継続していきながら、「臨床で真に役立つ会」に発展していきたいと考えております。
3回目となる今回の集会のテーマは、ズバリ「臨床における私の評価・治療の工夫」です。
今回の治療技術集会は、疾患や部位に囚われず、“臨床”に焦点をあて、皆様が日々行っている臨床の工夫や技術をアウトプットする場としました。
しかも、今回のみ参加費1000円です!
※ たくさんの人に参加してほしいので、今回はあえてこの価格にしました。お試し参加も含めたくさんの人にご参加いただきたいと思っております。
参加する人も、発表する人も、すべての人に役立つ企画になると思います。
参加者全員で、充実した1日にしましょう。
会場のみなさんが、たくさんの臨床のヒントを貰える1日です!

詳しくはこちら

2019/01/17  脳卒中リハに活かす 脳機能とハンドリングの基礎(3月31日 鎌倉芸術館)主催:高齢者をリハビリするセラピストのための研究会 -コウセラ-

脳卒中患者の脳機能理解と基本動作に対するハンドリング
 
【テーマ】 脳機能を知り基本動作を中心としたハンドリングに活かす
【内容】  我々セラピストは脳卒中リハを勉強していくと脳機能の勉強を始めると思いますが、それらの知識を臨床で使うことは容易ではありません。今回のセミナーでは「脳機能を知り基本動作を中心としたハンドリングに活かす」をテーマに脳卒中リハのハンドリングを包括的に考えていきます。
 講師である加藤渉先生は脳卒中リハに関しての書籍の執筆をはじめ多くの講演活動も展開し、2015年・2016年リアル臨床で3位入賞するなど、その脳機能とハンドリングに関する指導は分かりやすく、日々の臨床にためになると定評のある先生です。
 当セミナーは実践力向上のために丁寧な座学・実技で構成されているため、初学者でも安心して受講いただけます。是非この機会に脳機能を理解し、基本動作に対するハンドリングのポイントを学びましょう。
 
1、錐体路と錐体外路の役割
2、1次運動野の特徴
3、大脳基底核・小脳の役割
4、高次運動野の役割
5、APAs(先行随伴性姿勢調節)を臨床に活かすために・・
6、脳機能からハンドリングを考える(実技)
7、APAsを意識したハンドリングのポイント(実技)
8、各動作でのハンドリングのポイント(実技)

詳しくはこちら

2018/12/27  2019年運動器研修会(3月10日 国際医療福祉大学)主催:神奈川県西リハビリテーション連絡協議会

2019年 運動器研修会
 
【内容】 
①講演「肩関節のリハビリテーション~病態理解から治療まで~」(90分)
小田原市立病院リハビリテーション科 
大山由廉 先生
 
②「目的の大腿部筋活動を得るためには?
~筋電図を使用した実験・実証~」(90分)
※当日は実際に筋電図を使用して、様々な運動中に目的の筋活動が得られているか確認します
竹田整形外科クリニック リハビリテーション室 
梅田裕貴 先生
国際医療福祉大学 小田原保健医療学部 理学療法学科
鈴木啓介 先生
 
③症例報告2演題
(各演題 発表時間10分、討議20分程度)

詳しくはこちら

2018/06/06  臨床で役立つ関節の機能解剖と触診(7月22日~3月17日 リドレ横須賀)主催:くまさん運動器リハビリ研究会

【テーマ】 運動器疾患を診るために必要な機能解剖や触診技術、臨床現場での活かし方を習得する
・関節の機能解剖
・関節の特徴
・関節のバイオメカニクス
・臨床応用
・触診・・・など
 
関節の機能解剖や筋骨格系の触診、臨床応用(術後の理学療法)について実技を交えながら行います。

詳しくはこちら

2013/07/31  神奈川県療育連絡会(メーリングリスト)参加希望者募集のお知らせ 主催:神奈川県療育連絡会

神奈川県療育連絡会(メーリングリスト)参加希望者募集のお知らせ

【発起人】・神奈川県立こども医療センター 理学療法士 鈴木奈恵子(代表)
      ・北里大学 理学療法士 横山美佐子
      ・横浜市東部地域療育センター 理学療法士 萩原聡

【テー マ】 この度神奈川県の小児リハビリテーションに関わる支援者が地域や技術についての情報を交換するためのメーリングリストを有志で立ち上げました。小児 専門施設の方だけでなく、成人施設で一部小児に関わっている方、訪問看護ステーションにお勤めの方、自治体職員の方などとも情報交換もできればと考えて立 ち上げました。
【内容】 参加希望者を募ります。職種は問いません。参加を希望される方は氏名・所属・職種・職場電話と登録希望アドレスを記入の上、下記のアドレスへメールをお送りください。satoru1@mua.biglobe.ne.jp 神奈川県療育連絡会宛て

詳しくはこちら