理学療法士の皆様へ

理学療法士の皆様へ

カテゴリタイトル

個人・他団体・企業主催イベント

2018/02/21  第7回多職種リハビリ勉強会(4月21日 横浜開港記念会館)主催:KRSW研究会

患者・利用者の『主体性の再構築』をデザインする!!
~意思決定支援のアプローチを多職種で考える~
【内容】 招待講演:私たちは「パーフェクトワールド」になぜ魅かれるのか?
有賀リエ氏と阿部一雄氏の座談会
基調講演:主体性をひきだす支援とは!?
講師:長谷川幹氏(リハビリ医 三軒茶屋リハビリテーションクリニック院長)
座談会:石川誠氏の“専門性を追求する生討論” いまなぜ 「意思決定支援」?支援者の在り方を考える!
ファシリテーター:石川誠氏(リハビリ医 初台リハビリテーション病院創設者)
※専門理学療法士制度ポイント認定講習会・研修会(生活環境支援)申請中
 
【開催日時】 平成30年4月21日(土)12:50~18:00(受付開始12:00)

詳しくはこちら

2018/02/21  第8回リハビリテーション症例報告会(3月11日 国際医療福祉大学)主催:神奈川県西地区リハビリテーション連絡協議会

運動器疾患のリハビリテーション
【内容】 
講演:『バイオメカニクスに基づいた臨床推論の方法~整形外科疾患を例に~』
症例報告:4演題
 
【開催日時】 平成30年3月11日(日)  12時50分~18時(受付:12時30分~)
 
【会場】 国際医療福祉大学 小田原保健医療学部 本校舎6階 物理療法室
 
【受講料】 県西地区リハビリテーション連絡協議会会員 無料  
 

詳しくはこちら

2018/02/21  内部障害に対するリハビリテーション(4月8日 ウィリング横浜)主催:Medical MARKSTAR

~基礎から学ぶ呼吸・循環・リスク管理~
 
【内容】 
・呼吸・循環の基礎知識
・呼吸・循環それぞれの評価のポイントとアプローチ方法
・リスク管理やリハビリテーション時の留意点
・事例を通しての解説
 
【開催日時】 2018年4月8日(日) 10:00~16:00

詳しくはこちら

2018/02/21  感覚・知覚に対する評価と治療(4月29日 ウィリング横浜)主催:Medical MARKSTAR

~脳血管疾患と整形外科疾患に対する臨床的アプローチ~
【内容】 
・感覚・知覚の基礎知識
・感覚・知覚の検査の方法と解釈
・疼痛・異常感覚に対する臨床戦略~治療動画あり~
・感覚・知覚に基づくハンドリングの有効性の解説~実技あり~
・感覚・知覚に焦点を当てた動作・運動に対するアプローチ~実技あり~
・感覚・知覚に焦点を当てたADLに対するアプローチ~実技あり~
 
【開催日時】 2018年4月29日(日) 10:00~16:00

詳しくはこちら

2018/02/14  Therapeutic Manipulation®Course総論(2月25日~4月29日 ウィリング横浜)主催:SESSION

包括的概念の基礎を学ぶコース
【テーマ】 脊椎は骨格筋や神経、血管、内臓などの関連が深い部位です。そのため機能不全を起こしている場合、脊椎は問題となっている要素と関連が深い指標になります。このコースでは、問題となっている要素を見つけだし、機能不全を根本から治療していきます。
 
【内容】 
①Therapeutic Manipulation®について
②三大徒手療法とアプライドキネシオロジーについて
③健康の三要素
④椎間孔5つの因子
   ・脊椎反射ポイント
  ・神経リンパ反射ポイント
  ・神経血管反射ポイント
  ・経絡
  ・脳脊髄液
⑤セラピューティック・ローカリゼーション(TL)
⑥チャレンジ
⑦トリガーポイント障害とカウンターストレイン障害について
⑧テクニック:筋力テスト
(大腰筋、ハムストリングス、大胸筋鎖骨部 etc.)
⑨テクニック:MET / PRT
(大腰筋)
⑩テクニック:スパイナルマニピュレーション
 

詳しくはこちら

2018/02/14  明日から臨床で結果の出せる体幹・下肢セミナー(4月8日 ウィリング横浜)主催:進リハの集い

【内容】 実際のアプローチについての考え
触診に必要な心得
胸部・腹部・腰部のアプローチの実際
下肢のアプローチの実際
 
【開催日時】 2018/4/8(日)
受付9時30分 
セミナー時間10時00分~16時00分

詳しくはこちら

2018/02/14  高齢者もできる 変形性膝関節症の歩行時痛にするべきこと(4月15日 鎌倉芸術館)主催:高齢者をリハビリするセラピストのための研究会

膝関節内反モーメントに注目したアプローチと歩行指導のポイント
 
【内容】 今回のセミナーでは変形性膝関節症の歩行時痛に『するべきこと』を、膝の解剖、運動可否の評価、アプローチ、歩行指導のポイントまで解説します。
高齢者でも施行できる基本的で分かりやすい内容となっております。
 
セミナー内容
1.膝関節について
2.変形性膝関節症の病態
3.変形性膝関節症の歩行
4.運動可否の評価、膝関節機能再建にむけたアプローチ、歩行指導のポイント(歩容・杖・装具、等
 
※座学・実技あり
持ち物:膝が出る下衣、タオルやヨガマット

詳しくはこちら

2018/02/07  寝返りから見る原因の特定とアプローチ法(3月17日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

~歩行に繋げる動作分析の方法~
【テーマ】
【内容】 
AM:基本動作分析
・基本動作分析で必要な3つのポイント
・基本動作分析で追求する問題点3つ
・寝返り動作をシンプルにみる方法
・実技練習
 
PM:評価とアプローチ
・関節モビライゼーション(頚椎、肩甲胸郭関節、股関節、距腿関節)
・筋膜リリース(大腰筋)
・DS法(仙腸関節)
・動作分析を歩行に繋げる方法

詳しくはこちら

2018/02/07  ADL訓練を効率的に行うための触診セミナー(3月18日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

療法士としてADLに対して出来ることがたくさんある
 
【内容】 
AM:ADLを効率的にするための骨
・筋の触診
・肩甲骨の触診
・上腕骨大結節・小結節の触診
・棘下筋・肩甲下筋の触診
・大腰筋の触診
・近位脛腓関節の触診
 
PM:リーチ動作に対するアプローチの方法
・リーチ動作の評価
・関節モビライゼーション、筋膜リリースを用いたアプローチ方法
 

詳しくはこちら

2018/02/07  脳卒中片麻痺者に対する立位・歩行の評価と治療(3月21日 ウィリング横浜)主催:Medical MARKSTAR

内容】 
・脳卒中片麻痺の基礎知識~解剖学や神経生理学的な所見も含めて~
・立ち上がりや立位の評価と治療方法~実技あり~
・歩行の評価と治療方法~実技あり~
・実際に片麻痺の方をお招きし、目の前で評価・治療の実施
【開催日時】 2018年3月21日(水祝) 10:00~16:00

詳しくはこちら

2018/02/07  ADLの評価と介入(3月11日 ウィリング横浜)主催:Medical MARKSTAR

~機能的側面と環境について~
 
【内容】 
・ADLに対するリハビリテーションについて
・機能的側面からみるADL
・環境面からみるADL
・ADLの臨床的な評価方法とポイント
・ADLに対する介入方法~実技あり~
・実際に松田先生が評価・介入した患者様のVTRと解説
 
【開催日時】 2018年3月11日(日) 10:00~16:00

詳しくはこちら

2018/01/31  車椅子シーティングにおける世界のカリスマ!(2月24日 ヤクルトホール)主催:ラックヘルスケ株式会社

ベンクト・エングストローム最後の来日講演
~新たな時代を迎えた日本のシーティングへ、ベンクトからの提言~
 
【テーマ】 新たな時代を迎えた多職種連携でつなぐ日本のシーティング
【内容】 車椅子シーティングの世界的カリスマ、ベンクト・エングストローム氏の来日最終講演。シーティングが診療報酬算定可能になるなど、その重要性がさらに高まっていく中、これまで培ってきた知識と経験の集大成として日本のシーティングの今後について各分野の専門家の方々と話し合うシンポジウム。
 
【開催日時】 2018年2月24日(土)10:30~17:00

詳しくはこちら

2018/01/24  複合的腰痛アプローチ ILPT腰痛治療セミナー(3月31日 区民産業プラザ)主催:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

「腰に触れる前に知っておきたい!腰痛改善法の大原則」
【テーマ】「疾病」ではなく「ひと」を治療対象に!
 
【内容】 内容:患者さん、利用者さんとの信頼関係を築きつつ、腰痛の自己管理など「心身の健康」につながる行動を「自ら選択」できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法の講義、治療デモ、および実技を行います。その技法は、子育て、夫婦関係など、大切な人との関わり方をより良くするためにも幅広く活用できるものです。
【参加者の声】「翌日から、臨床が激変しました!患者さんと向き合えている感じがします」「私の関わり方が、腰痛をつくりあげていたかも?と気づきました」「腰痛の見方が180度変わりました」「即効性に驚きました」「今回の内容は目から鱗でした!」などの感想を頂いております。

詳しくはこちら

2018/01/24  旅サポーター養成講座(2月24日~25日 世田谷ボランテイアセンター)主催:NPOたびさぽ

みんなで旅をサポートしよう!
 
【テーマ】 障害をお持ちの方々や高齢者の旅(外出を含む)を同行介助するためのノウハウを学ぶ
 
【内容】 1.「高齢者、障がい者の理解と対応」 2.「当事者からのメッセージ」 3.「鉄道の旅」4.「空旅の留意点」5.「観光業について」6.「視覚障害の理解と実際」7.「ホスピタリティー」8.「身体 障がいの理解と実際」
 
【開催日時】 平成30年2月24日 (土)25日(日) 10:30~19:30
 
【会場】 東京都世田谷区・世田谷ボランテイアセンター
 

詳しくはこちら

2018/01/24  義肢装具セミナー~義手編~(2月17日 神奈川リハビリテーション病院)主催:地域リハ支援センター

~聞いて、触れて、体験してみよう!~
 
【内容】 かながわリハビリロボットクリニック(KRRC)では、筋電義手の普及に取り組んでいます。今回の義手の分野では先駆的に活動されている義肢装具士、作業療法士の方から専門的な知識、技術を学びます。内容は筋電義手と能動義手の講義と操作体験実習などを行っていただきます。医療職・福祉職に限らず興味・関心のある方は是非ご参加ください。
 
【開催日時】 平成30年2月17日(土)10:00~16:00
 
【会場】 神奈川リハビリテーション病院 3階研修室(厚木市七沢516)

詳しくはこちら

2018/01/24  医師及びメディカルスタッフのための第34回糖尿病セミナー(2月11日 新都市ホール)主催:神奈川県保険医協会/ノボ ノルディスクファーマ株式会社

「糖尿病の新たな合併症」
【内容】 
[特別報告]『神奈川県における糖尿病対策~神奈川県糖尿病対策推進プログラム~』
[特別講演1]『糖尿病と歯周病の深い関係 ?医科歯科連携の重要性?』
[特別講演2]『糖尿病と癌』
[レクチャー1]『自己血糖測定の上手な使い方』
[レクチャー2]『注射製剤・インスリンとGLP-1について』
 
【開催日時】 2018年2月11日(日・祝)13:00~16:45(受付開始12:00~)
 

詳しくはこちら

2018/01/17  大腿骨頸部骨折に対するリハビリテーション(2月17日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

~大腿骨頸部骨折のリハビリで大事な3つのポイント~
 
【内容】
1.大腿骨頸部骨折の病態について
2.介入の際の注意点・リスク管理
3.手術の目的
4.評価
  ・目的 
  ・問診
  ・触診 
  ・ROM-T
  ・MMT
  ・姿勢観察
  ・動作観察 
  ・整形外科テスト
5.評価から抽出された問題点に対する介入法
 
関節モビライーゼーション、筋膜リリース、DS法
 

詳しくはこちら

2018/01/17  発達からみる麻痺の回復過程(2月18日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

~発達段階に必要な機能について~
 
【内容】
 
発達の段階に必要な機能について
・発達の段階が必要な理由(発達段階を飛ばしての発達はない)
・麻痺の回復過程と発達の共通点 
・発達段階とその時に必要な機能
 
背臥位(頭頚部の安定性など)
腹臥位(頭部の立ち直り反応、脊柱・肩甲帯・体幹筋の協調的な活動など)
側臥位(荷重側の体幹の伸展など)
寝返り(頭部のコントロール、上肢の運動など)
坐位(正中位指向、骨盤での支持基底面など)
立位
・必要な評価とアプローチ方法

詳しくはこちら

2018/01/17  第10回義肢適合支援のあり方研究会(2月18日 東京医科歯科大学)主催:専門リハビリテーション研究会

急性期~在宅へ向けて、途切れのない支援
【内容】 シンポジウム1 「急性期の専門職連携のための共通理解」
シンポジウム2 「回復期・在宅期のかかわりについて」生活期に向けた連携支援
義肢に関するトピックス
 
【開催日時】 2018年2月18日10:00~16:10(受付9:00~)
 
【会場】 東京医科歯科大学 3号館 18階 保健衛生学科 講義室1

詳しくはこちら

2017/12/27  2018国際PNF協会認定講習会 in 川崎(8月25日~29日 特別養護老人ホームビオラ川崎)主催:pnf.groovy

【内容】 筋力の基礎医学、ADL改善の方法論、痙縮/痛みの基礎、患者様を通しての評価、治療の実際など
 
【開催日時】 
レベル1 2018年5月26日~30日
レベル2 2018年8月25日~29日
 
【会場】 特別養護老人ホームビオラ川崎
神奈川県川崎市川崎区小田栄2-1-7

詳しくはこちら

2017/12/27  【触診が苦手な方限定】第6期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース(4月7日~6月2日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

3ヶ月で触診とアプローチ法を習得。信頼される療法士の土台を作る。
 
【テーマ】 触診を通して患者様・利用者様のリハビリをデザインできるようになる。
 
【内容】 
1か月目 体幹編 
2か月目 上下肢編1
3か月目 上下肢編2 
 
それぞれ触診・関節モビライゼーション・筋膜リリース・症例検討等を行います。
*詳しい内容はHPよりご確認ください。http://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
 
【開催日時】 第6期 平成30年
4月7,8日
5月5,6日
6月2,3日
9時30分~16時30分
*日程の都合がつかない場合は別の日程へ振替も対応いたします。

詳しくはこちら

2017/12/27  パーキンソン病の理解とリハビリテーションの可能性(2月25日 川崎市産業振興会館)主催:神奈川認知神経リハビリテーション研究会

【内容】 聖マリアンナ医科大学神経内科の白石 眞先生に、パーキンソン病の診断・治療に関する最近の話題について特別講演をいただきます。その後全国各地のセラピストからパーキンソン病のリハビリテーションに関する最新の話題と臨床応用について情報提供し、多彩な症状を呈するパーキンソン病の理解とリハビリテーションでの治療可能性についてパネルディスカッションを通して考えることで明日からの臨床に役立つ内容となる知識を提供します。

詳しくはこちら

2017/12/27  第13回 横浜臨床病態栄養リハビリテーション研究会(3月17日 医療法 人光陽会 関東病院)主催:横浜臨床病態栄養リハビリ研究会

~臨床と研究が融合していくために必要なクロスオーバーラップ~
【テーマ】 今年度は、年間テーマである臨床と研究がどうしたら融合できるかを考えていくことを通じて研究への理解を深めていきたいと思います。
 
【内容】          内  容
14:10~    受付開始
14:20~14:30   当研究会 趣旨説明、開会挨拶
 
14:30~15:15 【特別講演】
座長:関東病院  リハビリテーション科 成田 雄一先生
≪講演テーマ≫
糖尿病治療継続における現実  ~患者と治療者の気持ち~
講師:作業療法士 谷津田 尊寛先生
 
15:15~15:25  休憩
 
15:25~17:50  【ワークショップ】 
座長:関東病院 糖尿病内科医  藤崎 公達先生
≪ワークショップテーマ≫
臨床研究を行うための研究デザイン ~ 糖尿病療養指導・健康増進分野を中心に ~
(全3回 3回目 統計手法はなぜ必要か)
講師:もろおかクリニック リハビリテーション科
慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科 理学療法士 田島 敬之先生
 
17:50~18:00  閉会の挨拶、次回開催案内
 

詳しくはこちら

2017/12/27  全身を捉えるようになる「骨盤の評価と治療」(3月11日 ウィリング横浜)主催:進リハの集い

【内容】  骨盤を治療する理由とは 骨盤の評価 触診向上ワーク 仙腸関節治療   【開催日時】 2018/3/11(日) 受付9時30分 セミナー時間10時00分~16時00分   【会場】 ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)         http://www.yokohamashakyo.jp/willing/s-14-1-1.html 11階多目的室   【お問い合せ】 HPより     ※神奈川県理学療法士会は、このイベントに関して、一切ご質問にお応えできま...

詳しくはこちら

2017/12/20  平成29年度神奈川県トレーナー研修会(後期)(2月4日~2月25日 神奈川県立スポーツ会館)主催:公益財団法人神奈川県体育協会

テーマ】
「女性アスリートのコンディショニングについて」
「PNFについて」
「スポーツ外傷・障害(脊椎)」
「アスレティックリハビリテーション」
「トレーナーに役立つ皮膚科の知識」
「ストレッチポール(コアコンディショニング)」
 
【内容】 コーチ、指導者、スポーツドクターとの緊密な協力体制の下に、スポーツ選手・愛好者の障害予防、コンディショニング等を行うトレーナーの資質向上を目的とする。

詳しくはこちら

2017/12/20  肩甲帯を含めた上肢の触診技術(2月12日 ウィリング横浜)主催:Medical MARKSTAR

~基礎から臨床に役立つポイント~
 
【内容】 
・触診に必要な解剖学・運動学の基礎知識
・触診でポイントとなるランドマークやアライメントの基礎知識
・肩甲帯周囲の触診技術~実技あり~
・肩関節の触診技術~実技あり~
・上腕の触診技術~実技あり~
・前腕・手指の触診技術~実技あり~
 

詳しくはこちら

2017/12/20  臨床で役立つ姿勢・動作分析(2月18日 ウィリング横浜)主催:Medical MARKSTAR

~クラインフォーゲルバッハの運動学と生態心理学的視点を加えて~
 
【内容】 
・姿勢・動作分析の基礎知識
・姿勢分析のポイントと解説~実技あり~
・動作分析のポイントと解説~実技あり~
・姿勢動作分析における運動学的視点~実技あり~
 
【開催日時】 2018年2月18日(日) 10:00~16:00
 
【会場】 ウィリング横浜(上大岡駅より徒歩3分)

詳しくはこちら

2017/12/20  明日から実践できる!!手指・手関節の評価と治療(2月24日 ウィリング横浜)主催:進リハの集い

【内容】 手指、手関節、前腕(一部)の機能解剖について
評価
日常生活における手の使い方
治療modalityとprocedure
徒手テクニック 
自主訓練テクニック(実技)
 
【開催日時】 2018/2/24(土)
  受付9時30分 
  セミナー時間10時00分~16時00分

詳しくはこちら

2017/12/13  第14回神奈川内部障害リハビリテーション研究会(2月10日 ウィリング横浜)主催:神奈川内部障害研究会

がんの化学療法に対して理学療法はどうするべきか
【テーマ】 がんの理学療法
 
【内容】 がんの患者様に私たちが向き合う機会は多く、病態も様々で病態が悪化することも少なくありません。そのような中でがんに対してどのように向き合って理学療法を実施するか、その治療過程をどう考えるのかなど、日頃の疑問を解決する良い機会と思われますので、皆様奮ってご参加下さい。
 
【開催日時】 平成30年2月10日(土)18:30~20:30 (受付開始18:00~)
 
【会場】 ウィリング横浜(京浜急行/横浜市営地下鉄「上大岡駅」から徒歩3分)
         http://www.yokohamashakyo.jp/willing/
 
【受講料】 1,000円(資料・会場費)

詳しくはこちら

2017/11/22  第1回 運動器系解剖学講演会(3月25日 東京工科大学)主催:体表解剖学研究会

~構造から機能・病態・治療を探る~
【内容】 
運動器系の障害に対する評価や治療に必要な解剖学講演会
 
第1部 筋膜、筋連結の構造を知る ~運動器疾患の評価と治療のために~
第2部 筋や腱のバリエーションと機能との関係について ~筋・腱障害に対する評価と治療のために~
第3部 骨や軟部組織の形態と運動の関係について ~足部・足関節,膝関節の治療のために~ 
第4部 解剖学、体表解剖学、超音波解剖学に基づいた靱帯損傷の病態評価 ~足関節捻挫で損傷しやすい靭帯を中心に~

詳しくはこちら

2017/08/09  6日で学ぶ評価・治療の為の骨・筋の触診セミナーBasicコース(1月6日~3月4日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

3ヶ月で信頼される療法士になりませんか?
【テーマ】 触診を通して患者様・利用者様のリハビリをデザインできるようになる。
【内容】 1か月目 体幹編 2日間
2か月目 上下肢編1
3か月目 上下肢編2 
 
それぞれ触診・関節モビライゼーション・筋膜リリース・症例検討等を行います。
*詳しい内容はHPよりご確認ください。http://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
 
【開催日時】 第5期平成30年(第1土日)
1月6、7日
2月3、4日 
3月3、4日 
9時30分~16時30分
*日程の都合がつかない場合は別の日程へ振替も対応いたします。

詳しくはこちら

2013/07/31  神奈川県療育連絡会(メーリングリスト)参加希望者募集のお知らせ 主催:神奈川県療育連絡会

神奈川県療育連絡会(メーリングリスト)参加希望者募集のお知らせ

【発起人】・神奈川県立こども医療センター 理学療法士 鈴木奈恵子(代表)
      ・北里大学 理学療法士 横山美佐子
      ・横浜市東部地域療育センター 理学療法士 萩原聡

【テー マ】 この度神奈川県の小児リハビリテーションに関わる支援者が地域や技術についての情報を交換するためのメーリングリストを有志で立ち上げました。小児 専門施設の方だけでなく、成人施設で一部小児に関わっている方、訪問看護ステーションにお勤めの方、自治体職員の方などとも情報交換もできればと考えて立 ち上げました。
【内容】 参加希望者を募ります。職種は問いません。参加を希望される方は氏名・所属・職種・職場電話と登録希望アドレスを記入の上、下記のアドレスへメールをお送りください。satoru1@mua.biglobe.ne.jp 神奈川県療育連絡会宛て

詳しくはこちら