ホーム > 講習会・研修会・イベント情報 > 個人・他団体・企業主催イベント >セラピストのための変形性膝関節症の疼痛評価とアプローチ(12月9日 埼玉会館)主催:高齢者をリハビリするセラピストのための研究会 -コウセラ-
理学療法士の皆様へ

理学療法士の皆様へ

カテゴリタイトル

個人・他団体・企業主催イベント

2018/10/03  セラピストのための変形性膝関節症の疼痛評価とアプローチ(12月9日 埼玉会館)主催:高齢者をリハビリするセラピストのための研究会 -コウセラ-

歩行時痛を中心とした触診評価と機能回復アプローチ
【テーマ】変形性膝関節症の歩行時痛を中心として、基礎的な痛みの触診評価とアプローチを学びます。基礎的な内容から運動可否評価、患者指導の紹介も行いますので、初学者でも臨床的に有益なセミナーとなっております。
 
【内容】 以下のような方にオススメです
 
『膝関節の局所的な評価に自信がない』
 
『膝の痛みの基本的な評価の仕方が分からない』
 
『現場で変形性膝関節症の運動可否の判断に悩んでいる』
 
『変形性膝関節症のアプローチが画一的になっている』
 
『根拠を持って変形性膝関節症の評価、治療選択を行いたい』
 
『患者様、利用者様への歩行指導に悩んでいる』
 
 
【セミナー内容】
1. 変形性膝関節症について 
2. 変形性膝関節症の歩行時痛に対する関節内触診評価と対応
3. 変形性膝関節症の歩行時痛に対する関節外触診評価と機能回復アプローチ
4. 変形性膝関節症の歩行時痛に対する患者指導
5. 他の動作時痛について
※実技あり
 
【申し込み・詳細はホームページより】https://koutheraken.jimdo.com/
 
【開催日時】 2018年12月9日(日) 10:00~16:00(受付9:30~)
 
【会場】 埼玉会館(JR浦和駅 徒歩6分)
 
【受講料】 5,000円
 
【講師】 近藤 淳氏 コウセラ代表、認定理学療法士(運動器) 
「変形性膝関節症患者の歩行時痛を軽減する(新ブラッシュアップ理学療法)」
「腸脛靭帯の柔軟性の獲得のコツ(理学療法ジャーナル 2018.7)」
を執筆。その他、変形性膝関節症に関する複数の講演・執筆等を行う。
 
【定員】 30名
 
【注意事項】 【持ち物】
・膝が出る下衣
・タオルやヨガマット 
 
【お問い合せ】 お申込みはホームページより https://koutheraken.jimdo.com/
「コウセラ」で検索

お問い合わせ koutheraken@yahoo.co.jp
 
 
※神奈川県理学療法士会は、このイベントに関して、一切ご質問にお応えできませんので、ホームページ等にて、お問合せ先へご相談下さい。
 

2018/10/03

前のページに戻る ページ上部に戻る