ホーム > 講習会・研修会・イベント情報 > 個人・他団体・企業主催イベント > セラピストのための 脳卒中身体機能へのアプローチ ~上肢機能編~上肢機能改善のための徒手介入とActivity介入の理論と実際 2DAYs(2月24日・3月3日 八洲学園大学)主催:高齢者をリハビリするセラピストのための研究会 -コウセラ-
理学療法士の皆様へ

理学療法士の皆様へ

カテゴリタイトル

個人・他団体・企業主催イベント

2018/12/07   セラピストのための 脳卒中身体機能へのアプローチ ~上肢機能編~上肢機能改善のための徒手介入とActivity介入の理論と実際 2DAYs(2月24日・3月3日 八洲学園大学)主催:高齢者をリハビリするセラピストのための研究会 -コウセラ-

【テーマ】 脳卒中による成人片麻痺者の上肢機能に認められる傾向を理解し、問題解決のポイントと実践を学ぶ

【内容】 今回のコウセラセミナーは『活動分析研究会副会長』『環境適応講習会講師』である高橋栄子先生の脳卒中上肢機能に特化したセミナーです!! 実践力向上のために実技を多く組み込んだ構成で、2日間じっくりと臨床的な内容を学習できます。

<以下の方にオススメです>

『脳卒中片麻痺者の上肢手(肩甲帯、肩、肘、手関節、手)に関する理解を深めたい』 

『解剖学に基づいた片麻痺の上肢機能に対する徒手的な介入を磨きたい』

『上肢機能における中枢~末梢へのつながりを評価し適切な介入をしたい』

『道具、器具使用によるActivity介入で良好な反応へと導きたい』

『臨床で患者様の潜在能力を引き出したい』

【セミナー1日目】
徒手介入による上肢機能改善のための理論と実際(実技中心)
内容:①成人片麻痺の障害像 ②上肢機能改善のための徒手介入の理論 ③上肢機能改善のための徒手介入の実際

【セミナー2日目】
Activity介入による上肢機能改善のための理論と実際(実技中心)
内容:①成人片麻痺の障害像 ②上肢機能改善のためのActivity介入の理論 ③上肢機能改善のためのActivity介入の実際

 

【開催日時】 1日目:2019年2月24日(日) 10:00~16:00(受付9:30~)

       2日目:2019年3月 3日(日) 10:00~16:00(受付9:30~)

 

【会場】 八洲(やしま)学園大学(神奈川県横浜市西区桜木町7-42)※両日とも
                「横浜」駅 徒歩10分
                 横浜市営地下鉄「高島町」駅 徒歩1分
                 横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島」駅 徒歩5分
                 京浜急行「戸部」駅 徒歩5分

【受講料】 1日目:8000円 2日目:8000円 両日:14000円

【講師】 高橋栄子 先生(作業療法士)
東京リハビリテーションサービス所属・富士温泉病院非常勤勤務・臨床塾
活動分析研究会副会長・環境適応講習会講師
高橋先生は作業療法士となって33年たった現在でも第一線で臨床に従事している先生です。『臨床塾』をはじめ多くの講演活動にて臨床に則した知識・技術を広く後輩たちに提供し、熱心で分かりやすい指導に定評があります。

【定員】 各日:30名

【持ち物】

1日目:動きやすい服装(Tシャツ・ジャージ等の衣服)、昼食(会場は飲食可能です)
2日目:鉛筆、消しゴム、タオル(スポーツタオルサイズのもの)、ペットボトル 500ml程(中身の入った状態)、動きやすい服装(Tシャツ・ジャージ等の衣服)、昼食(会場は飲食可能です)

【お問い合せ】

  詳細・申し込みはホームページより https://koutheraken.jimdo.com/

 お問い合わせはメールにて
koutheraken@yahoo.co.jp
 

※神奈川県理学療法士会は、このイベントに関して、一切ご質問にお応えできませんので、ホームページ等にて、お問合せ先へご相談下さい。

2018/12/07

前のページに戻る ページ上部に戻る