ホーム > 講習会・研修会・イベント情報 > 個人・他団体・企業主催イベント >第14回 横浜臨床病態栄養リハビリテーション研究会(7月21日 医療法人 光陽会 関東病院)主催:横浜臨床病態栄養リハ研究会
理学療法士の皆様へ

理学療法士の皆様へ

カテゴリタイトル

個人・他団体・企業主催イベント

2018/06/20  第14回 横浜臨床病態栄養リハビリテーション研究会(7月21日 医療法人 光陽会 関東病院)主催:横浜臨床病態栄養リハ研究会

【 医食同源 ~ 鉄心石腸を持つ ~ 】
 
【内容】 
≪シンポジウム≫
糖尿病診療update  ~リハビリテーション職種の役割とは~
糖尿病診療におけるリハ職種の参画は相互理解や協同に難渋し、専門性を活かせていない場合も多い。当院ではリハ職種もチームの一員として介入している。今回、糖尿病診療におけるリハ職種の専門性や役割、そして実際の支援内容を交えて紹介する。
 
≪ワークショップ≫
終末期におけるアロマセラピー活用術  ~香りとタッチの効果~
終末期の対象者に関わるリハ職種の活動報告も学会等で散見されるが、当院ではアロマを用いて終末期の対象者への支援も行っている。今回、アロマセラピーに触れて頂くことで明日からの臨床や実際の介入に活かすことが出来ればと考える。
 
【開催日時】 開催日時:平成30年7月21日 土曜日  14時30分~18時00分
【会場】 場所:医療法人 光陽会 関東病院  8階 談話室(エレベーターにて8階へ)
地図:http://loco.yahoo.co.jp/place/g-Uax2ILBaA6M ※横浜市磯子区森1-16-26
JR京浜東北・根岸線 磯子駅下車徒歩9分
京浜急行線・屏風浦駅下車徒歩6分
 
【受講料】 参加費:1,000円
 
【講師】 
≪シンポジウムテーマ≫
糖尿病診療update  ~リハビリテーション職種の役割とは~
講師:糖尿病内科医  藤崎 公達先生
講師:理学療法士   宗村 明子先生
講師:作業療法士   成田 雄一先生
 
≪ワークショップテーマ≫
終末期におけるアロマセラピー活用術  ~香りとタッチの効果~
講師:作業療法士   西尾 香苗先生
 
【定員】 参加対象:多職種連携に関心のある方(先着 50名)
 
【注意事項】 お申し込み方法:下記URLの申し込みフォームよりお願いします。
 
締め切り:平成30年 7月 14日 土曜日
※定員を超えた場合には、申し込みを締め切る場合があります。
 
【お問い合せ】 お問い合わせ:横浜臨床病態栄養リハビリテーション研究会 事務局
【E-mail】 ycpnra@gmail.com
 
 
※神奈川県理学療法士会は、このイベントに関して、一切ご質問にお応えできませんので、ホームページ等にて、お問合せ先へご相談下さい。
 

2018/06/20

前のページに戻る ページ上部に戻る