ホーム > 講習会・研修会・イベント情報 > 個人・他団体・企業主催イベント >【東京】膝疾患に対する骨格・筋膜アプローチセミナー(7月20日 東大島文化センター)主催:国際統合リハビリテーション協会
理学療法士の皆様へ

理学療法士の皆様へ

カテゴリタイトル

個人・他団体・企業主催イベント

2019/06/10  【東京】膝疾患に対する骨格・筋膜アプローチセミナー(7月20日 東大島文化センター)主催:国際統合リハビリテーション協会

【東京】膝疾患に対する骨格・筋膜アプローチセミナー

【サブタイトル】 ADLと膝の問題、全身のつながりを学ぶ

【テーマ】 ADLと膝の問題、全身のつながりを学ぶ

【内容】 こんなことで悩んでいませんか?

* 膝周囲の触診に自信がない。

* 膝の最終伸展可動域を改善するための介入がわからない。

* 膝がいつまでも腫れたように膨らんでいる。

* 1ヶ月後もADLが変わらない。

* 膝を見るのが得意な後輩や同僚に相談しても、あまり改善しない。

* 評価とアプローチの組み合わせ方がわからない。

 

受講することでこれらが手に入ります!

* 下肢の視診・触診の仕方がわかります!

* 膝可動域を改善する4つの介入方法が手に入ります!

* 膝の痛みを改善する視点と方法がわかります!

* ADLを変える指導のポイントが手に入ります!

* 臨床で仮説→検証のサイクルが上手く回り出します!

* 評価とアプローチの組み合わせ方がわかります!

 

この講習会でお伝えするアプローチを行うことで

* 組織の滑走を促すことで疼痛やROMの改善。

* 上記の改善より下肢の自由度が増す。

* 歩行動作やトイレ動作などのADL改善。

上記の改善が期待されます。

 

このセミナーでは
膝関節に対するリハビリの
仮説→検証の方法を実技を通して体験しながら学びます。


【開催日時】 2019年7月20日(土)10:00~16:00

【会場】 東大島文化センター 第7研修室(東京都江東区大島8-33-9)

【受講料】 8,640円(税込)

【講師】 IAIR認定講師

【定員】 30名(先着になり次第閉め切らせて頂きます。)

【注意事項】 詳細・お申し込みはこちらから

 》》http://urx.blue/WXbi

募集締め切り:2019年7月19日(金)18:00

【お問い合せ】 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会(kanto@iairjapan.jp

 

※神奈川県理学療法士会は、このイベントに関して、一切ご質問にお応えできません。ホームページ等にて、お問合せ先へご相談下さい。

 

2019/06/10

前のページに戻る ページ上部に戻る