ホーム > 講習会・研修会・イベント情報 > 個人・他団体・企業主催イベント >高齢者もできる 変形性膝関節症の歩行時痛にするべきこと(4月15日 鎌倉芸術館)主催:高齢者をリハビリするセラピストのための研究会
理学療法士の皆様へ

理学療法士の皆様へ

カテゴリタイトル

個人・他団体・企業主催イベント

2018/02/14  高齢者もできる 変形性膝関節症の歩行時痛にするべきこと(4月15日 鎌倉芸術館)主催:高齢者をリハビリするセラピストのための研究会

膝関節内反モーメントに注目したアプローチと歩行指導のポイント
 
【内容】 今回のセミナーでは変形性膝関節症の歩行時痛に『するべきこと』を、膝の解剖、運動可否の評価、アプローチ、歩行指導のポイントまで解説します。
高齢者でも施行できる基本的で分かりやすい内容となっております。
 
セミナー内容
1.膝関節について
2.変形性膝関節症の病態
3.変形性膝関節症の歩行
4.運動可否の評価、膝関節機能再建にむけたアプローチ、歩行指導のポイント(歩容・杖・装具、等
 
※座学・実技あり
持ち物:膝が出る下衣、タオルやヨガマット
 
【開催日時】 2018年4月15日(日)
10:00~15:00(受付9:30~)
 
【会場】 鎌倉芸術館 会議室2
(JR大船駅徒歩10分)
 
【受講料】 3,000円(当日現金にてお支払いください)
 
【講師】 講師:近藤 淳(理学療法士、運動器認定理学療法士、地域包括ケア推進リーダー、
介護予防推進リーダー)
「変形性膝関節症患者の歩行時痛を軽減する(新ブラッシュアップ理学療法)」を執筆。
その他、変形性膝関節症に関する講演・執筆・発表を複数行う。
 
【定員】 24名(先着順)
 
【お問い合せ】 お申込みはホームページよりお願いいたします。
 
 
※神奈川県理学療法士会は、このイベントに関して、一切ご質問にお応えできませんので、ホームページ等にて、お問合せ先へご相談下さい。
 

2018/02/14

前のページに戻る ページ上部に戻る