ホーム > 講習会・研修会・イベント情報 > 個人・他団体・企業主催イベント >触診から紐解く大腿骨頚部骨折の評価とアプローチ法(9月16日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会
理学療法士の皆様へ

理学療法士の皆様へ

カテゴリタイトル

個人・他団体・企業主催イベント

2018/05/23  触診から紐解く大腿骨頚部骨折の評価とアプローチ法(9月16日 ウィリング横浜)主催:療法士活性化委員会

触診から大腿骨頚部骨折のリハビリを選択できる様になる
【テーマ】 大腿骨頚部骨折の病態を理解し、評価から適切なアプローチを選択できるようになる。
 
【内容】 
1.大腿骨頸部骨折の病態について
2.介入の際の注意点・リスク管理
3.手術の目的
4.評価
・目的 痛みがあることで困っていることがあるか、痛くなければどうしたいか
・問診 疼痛の範囲、程度(VRS、NRS、FS)
・触診 筋緊張(腹部、背面、側面)
・姿勢観察 座位、立位での観察のポイント
・動作観察 立位の片脚立位
・整形外科テスト
 
5.評価から抽出された問題点に対する介入法
関節モビライーゼーション、筋膜リリース、DS法
 
【開催日時】 平成30年9月16日(日)10:00~16:00
 
【会場】 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002  横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
 
【受講料】 7,900円(税込)
 
【講師】 林凌磨 理学療法士
 
【定員】 24名(先着締め切り)
(講師・スタッフが一人ひとり触診部位を確認し、修得することを第一とするため少人数にさせていただきます。 )
 
【注意事項】 お申込みは セミナーHP(http://lts-seminar.jp/neckfracture/) よりお願いします。
 
【お問い合せ】 療法士活性化委員会 事務局加藤まで
 
 
※神奈川県理学療法士会は、このイベントに関して、一切ご質問にお応えできませんので、ホームページ等にて、お問合せ先へご相談下さい。
 

2018/05/23

前のページに戻る ページ上部に戻る