ホーム > 講習会・研修会・イベント情報 > 個人・他団体・企業主催イベント >治療6ヶ月待ちの理学療法士が実践している痛みを取るための評価と治療技術(2月23日 損保会館)主催:臨床家のための運動器研究会
理学療法士の皆様へ

理学療法士の皆様へ

カテゴリタイトル

個人・他団体・企業主催イベント

2018/11/29  治療6ヶ月待ちの理学療法士が実践している痛みを取るための評価と治療技術(2月23日 損保会館)主催:臨床家のための運動器研究会

網羅しておきたい臨床でよく見られる代表的疾患の治療技術を1日で教えます!
 
治療技術に自信を持って患者と向き合おう
 
【内容】 あなたは”痛み”を有する患者が来たときに、「自分は変えることができる!」という自信を持っているでしょうか。もしあなたがそういった自信を持っていないなら、まずは本当に痛みが変わるという経験をすることが重要です。そのためにまず必ず網羅しておきたい臨床でよく見られる代表的疾患の治療技術を1日で教えます。明日からすぐに使える技術が満載です。絶対に参加して良かったと思うセミナーになると思います。
 
【セミナー内容】
●評価
各疾患ごとに症例を診る際の私が行っている一通りの手順を説明します。
特に「組織学的な見方」を理解する過程が重要です。
 
●治療への展開
疾患別に「主要な問題点」「何を改善すればよいか」「手段」を説明します。
明日からすぐに使える技術満載します。
 
【到達目標】
1.「力学」と「組織学」がリンクしていることを理解する。
2.仮説検証作業とは何かを理解する。
3.痛みをその場で変化させることができる。
 
【開催日時】 2019年2月23日土曜日 10:00~16:00
 
【会場】 損保会館
 
【受講料】 7,000円(税込)
 
【講師】 園部俊晴(コンディション・ラボ所長)
 
【定員】 200名
 
【注意事項】 お申し込みは下記セミナーHPよりお願いします。
 
【お問い合せ】 臨床家のための運動器研究会事務局まで
 
 
※神奈川県理学療法士会は、このイベントに関して、一切ご質問にお応えできませんので、ホームページ等にて、お問合せ先へご相談下さい。

2018/11/29

前のページに戻る ページ上部に戻る