ホーム > 理学療法士の皆様へお知らせ >平成29年度ADL維持向上等体制加算算定施設への見学・研修会 参加募集のご案内!
理学療法士の皆様へ

理学療法士の皆様へ

カテゴリタイトル

理学療法士の皆様へお知らせ

2017/08/15  平成29年度ADL維持向上等体制加算算定施設への見学・研修会 参加募集のご案内!

平成29年度ADL維持向上等体制加算算定施設への見学・研修会 参加募集のご案内!

平成26年度診療報酬改定で新設されたADL維持向上等体制加算(以下、本加算)は急性期病棟における「理学療法士の配置」に対する評価であり、治療行為の実施のみならず、廃用・縟瘡予防といった「予防」に対する病棟マネジメント業務に理学療法士の専門性が求められています。
 一方で、平成28年度診療報酬改定において本加算は25点から80点への増点が行われておりますが、本加算の算定状況は平成29年6月時点で65施設であり、本加算が普及しているとは言い難い状況です。理学療法士の専門性をさらに発揮し、社会に還元していくためには本加算の普及が必要です。本加算を算定するには、現場の理学療法士が本加算の内容と実際の運営方法を正しく理解し、また経営陣に対して算定の意義を踏まえつつ交渉をすることが必要と考えられます。
 そこで本会では本加算の普及を目的に、未算定施設を対象に算定施設への見学会および研修会を開催することといたしました。以下の応募要項をご確認のうえ、ご応募ください。
 

-------------------- 応募要項 --------------------
<内 容>
本加算を算定している施設への見学及び本加算に関する研修会を開催いたします。
1.本加算を算定している施設への見学
○見学内容:病棟専従者の取組および運営方法等
○見学施設 ※詳細は別紙参照memo
関東地区:公立昭和病院、南町田病院、埼玉医科大学総合医療センター
中部地区:刈谷豊田総合病院、岐阜市民病院、八千代病院
中国地区:広島大学病院
九州地区:福岡青洲会病院

2.本加算に関する研修会の開催
○研修内容
・本加算算定施設の取組や算定に向けての準備手順の解説

<参加対象者>
・ADL維持向上等体制加算を算定していない 40施設
・1施設から最大2名まで参加可能
・主たる参加者は日本理学療法士協会の会員であること
・他の参加者は理学療法士に限らず、医療従事者や事務職員でも参加可能

<参加要件>
以下の要件に承諾すること
その1 平成31 年度まで本会が実施する本加算に関する調査に協力する
その2 本見学研修会で作成した事業計画を基に経営陣へ本加算算定を提案
その結果を本会へ報告(努力義務)
※ 平成30 年3 月開催予定の研修会で提案内容および結果の発表を依頼させていただく場合があります。

<参加費>
・参加費無料
・1 施設1 名まで本会規定に基づき交通費および宿泊費を支給
※他1 名分については協会からの支給なし

<問い合わせ先>
日本理学療法士協会 事務局 担当:吉倉、戸塚 Mail:m-toduka@japanpt.or.jp 2

※神奈川県理学療法士会は、このイベントに関して、一切ご質問にお応えできませんので、ホームページ等にて、お問合せ先へご相談下さい。

 

 

2017/08/15

前のページに戻る ページ上部に戻る