ホーム > 理学療法士の皆様へお知らせ >思いをつなげたい ~小田原ツーデーマーチのメディカルサポートに携わって~
理学療法士の皆様へ

理学療法士の皆様へ

カテゴリタイトル

理学療法士の皆様へお知らせ

2013/02/19  思いをつなげたい ~小田原ツーデーマーチのメディカルサポートに携わって~

 

思いをつなげたい ~小田原ツーデーマーチのメディカルサポートに携わって~

平成24年11月17日、18日と開催された小田原ツーデーマーチに「県西地区リハビリテーション連絡協議会」と県士会の「スポーツ支援・健康増進部」がメディカルサポートとして参加しました。今回で2回目となったメディカルサポートですが、初回よりもサポーターの人数が増員しサポート体制が充実しました。サポート内容は障害予防を目的に、スタート地点での血圧測定、中継地点でのストレッチ、テーピングを実施しました。また、第一回目の時から「障害者の方に多く参加してもらえるように、障害者のサポート体制を整備しよう」という会の思いが今回実現し、障害者のウォーキングのサポートも実施されました。対応内容は以下に示します。※詳細はこちらのPDFをご参照ください。 

 

私自身は、2日目のストレッチの担当でした。10代~80代の方まで幅広い年齢層の方、初心者の方から上級者の方、様々な方のサポートをさせて頂き、理学療法士のスキルを磨く上でも大変貴重な経験となりました。

 また、今回から実現したウォーキングサポートでは、利用された50代の片麻痺の方から「来年も参加したい!」といった感想を聞くことができました。今回の利用者は2名と少数であり、今後の課題も残っていますが、「障害者の社会参加促進」を支援する立場として今後もこのような取り組みを積極的に行っていくことが重要だと思います。

昨今、理学療法士が「いかに社会に貢献して職域と価値を高めていくか」ということが問われている中、この会が地域のために新しいことにチャレンジしていく様子を傍で見て学ばさせて頂き、また私自身もそこに参加することができ多くの刺激を受けました。一緒に参加されたサポーターの方も一般の方の健康増進や障害者のスポーツ参加などへの関心が高く、私もその情熱に触発され、このような公益事業の取り組みへの関心が深まりました。障害者の方の笑顔をもっともっと増やしたい!そんな思いを抱えている方は、ぜひ今年、サポーターとしてお力とお知恵を貸していただければと思います。

最後に、今回、サポートに携わることができたことで、理学療法士としての可能性や地域との繋がりを考えるいい機会を頂きました。このような機会を与えてくださった関係者の方々には紙面をお借りし深くお礼申し上げます。

 

小林病院 渡部淳子

 

 

2013/02/19

前のページに戻る ページ上部に戻る