ホーム > 理学療法士の皆様へお知らせ >平成29年度新人教育プログラムに関するお知らせ:新人教育部
理学療法士の皆様へ

理学療法士の皆様へ

カテゴリタイトル

理学療法士の皆様へお知らせ

2017/04/06  平成29年度新人教育プログラムに関するお知らせ:新人教育部

平成29年4月

関係各位

平成29年度新人教育プログラムに関するお知らせ

新人教育部
総務部データ管理係


 新人教育プログラムは、協会入会後、会員への教育・学習環境の整備を目的として導入された制度です。平成24年度より新システムとなりましたので、日本理学療法士協会(以下、協会)および神奈川県理学療法士会(以下、本会)での新人教育プログラム修了までの流れおよび手続きについてお知らせいたします。
 

Ⅰ.新人教育プログラム修了までの流れ(図)

新人教育プログラムは、計15単位を1年以上かけて履修することで修了となります。
履修単位は協会が一元管理します。

「認定・専門理学療法士」を受験するためには、新人教育プログラムを修了して専門分野(旧 専門領域研究部会)登録後2年(認定理学療法士)または5年(専門理学療法士)の期間が必要です。

 1.「マイページ」による履修状況の確認について

新人教育プログラムを履修中の方は、必ず協会ホームページ内 会員専用サイト「マイページ」で自分の履修状況を確認し、取得している単位と不足している単位を確認して受講してください。

 2.新人教育プログラムの修了申請について

「マイページ」内で修了済みになった方は、「マイページ」内で修了申請をしてください。“仮修了“となりますので、続けて専門分野への登録をすることで”修了“となります。修了すると「新人教育プログラム修了証」が協会事務局より送付されます。

 

Ⅱ.新人教育プログラムの単位取得

1.単位について

新人教育プログラムの修了要件は15単位の履修が必要です。
(※理学療法養成機関で学士及び高度専門士を取得した会員においては、「B-3統計方法論」および「B-4症例報告 ・発表の仕方」の 2単位 が免除され13単位です。間違って受講の申し込みをして当日キャンセルする方が多いので、必ず「マイページ」の履修状況を確認してください。)
15単位は、必須5単位、選択10単位で構成され、新人教育プログラム対象者は、必須5単位である 「必須初期研修」(A-1~5)の受講が義務づけられています。

選択10単位の内訳は、理学療法の基礎(B-1~4)は4テーマの中から3単位、理学療法の臨床(C-1~7)は7テーマの中から4単位、理学療法の専門性(D-1~3)は3テーマの中から2単位、理学療法における人材の育成(E-1~3)は3テーマの中から1単位を取得することになります。

なお、重複したテーマを受講しても他の単位への振り替えや追加単位としては認められません。

2.受講研修会について

今年度の予定は、本会ニュース4月号「平成29年度神奈川県理学療法士会 新人教育プログラム学術講習会・研修会予定」をご覧ください。最新の情報は本会ホームページに提示されます。また理学療法士講習会や他都道府県士会で企画される新人教育プログラム研修会でも履修可能です。協会ホームページ内「講習会・研修会情報」をご参照ください。

3.申し込みについて

受講希望者は、協会ホームページの「マイページ」または本会ホームページの「申し込み方法」に従って事前登録をしてください。受付が締め切られると受講予定者データを作成する関係上、以後の申し込みや当日受付は一切できません。Web受付にて事前登録がされると受付完了の返信メールが届きます。研修会当日は、返信メールの内容を印刷するか画面で確認できるものをご持参ください。

ここ数年は会員数の増加のため多くの申し込みがありますが、会場の収容人数を超えた申し込みについてはお断りしております。より多くの方が受講できるように、自分の取得単位をよく確認し研修会当日のキャンセルがないようにしてください。

4.協会会員証による入退室管理について

協会会員証は、受付処理および受講確認のために必要ですので必ずお持ちください。受講開始時と終了時に使用します。

5.単位認定について

研修会や講習会の受付されたデータを協会へ送信する事で、単位が付与されます。受付において受講開始時と終了時の2回協会会員証をかざすことで登録が完了します。ただし、どちらか確認できない場合は登録ができない可能性がありますのでご注意ください。なお「マイページ」には、研修会の終了後6~8週間ほどで反映されます。

①     「C-6 症例発表」の単位認定

協会や本会主催の学会での発表は、理学療法の臨床 「C-6 症例発表」:3単位が取得できます(申請の必要はありません)。また新人教育部主催の新人症例報告会(第3回新人教育プログラム研修会内で開催予定)で発表された場合のみ、上記の3単位に加えて「C-7 士会活動・社会貢献」の1単位が併せて付与され、計4単位の取得が可能となります。

その他、関連学会での発表、学術誌発表については、県士会ホームページ内『理学療法士の皆様へ』⇒『生涯学習』⇒『単位・修了認定書について』⇒『新人教育プログラム「C-6 症例発表」申請,認定要件』に従って申請してください。協会・各都道府県士会主催の研修会について

協会ホームページ内の『会員の方へ』⇒『講習会・研修会情報』⇒『セミナー・講習情報閲覧画面』(http://www.japanpt.or.jp/members/lifelonglearning/seminer/browse/)の詳細情報にて新人教育プログラム対応かを確認して申し込みをしてください。

②  e-ラーニングの新人教育プログラムについて

e-ラーニングとは、パソコンやインターネットなどのIT技術を活用した新しい教育システムです。平成26年度より協会によるe-ラーニングが一部開始されました。受講については上記「②協会・各都道府県司会主催の研修会について」に従って申し込みをしてください


お問い合わせ)
新人教育部部長 木村充広(横須賀共済病院)
総務部データ管理係 田中健康(神奈川リハビリテーション病院)
          Email:data2@pt-kanagawa.or.jp

 

2017/04/06

前のページに戻る ページ上部に戻る