メニュー

理学療法士の皆様へ

講習会・研修会・イベント情報

発達からみる脳卒中片麻痺の動作の再獲得法(療法士活性化委員会・11月22日)

掲載日:2020/11/04

タイトル  :発達からみる脳卒中片麻痺の動作の再獲得法

サブタイトル:代償動作を抑えるために必要な考え方

テーマ   :対象者の状態に合わせて効率的に動作の獲得を促す

内 容   :・発達の段階に必要な機能について(身体機能・脳機能)

       ・発達の段階が必要な理由(発達段階を飛ばしての発達はない)

       ・動作の獲得の過程と発達の共通点

       ・発達段階とその時に必要な機能

       ・背臥位(頭頚部の安定性など)

       ・腹臥位(頭部の立ち直り反応、脊柱・肩甲帯・体幹筋の協調的な活動)

       ・側臥位(荷重側の体幹の伸展など)

       ・寝返り(頭部のコントロール、上肢の運動など)

       ・坐位(正中位指向、骨盤での支持基底面など)

開催日時  :2020年11月22日(日)10時〜16時

会 場   :ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー

       〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内

受講料   :10,780円(税込み)

       *11月21日(土)麻痺の分離と促通法と同時申し込みで17,380円(税込)

講 師   :大塚 久 理学療法士

       2015年5月療法士活性化委員会を立ち上げ。延べ12,00名の療法士が同委員会のセミナーに参加している。

定 員   :24名

注意事項  :お申し込みはHPよりお願いします。

                     https://lts-seminar.jp/development-2/

お問い合せ :療法士活性化委員会事務局:lts-info@lts-seminar.jp

 

※神奈川県理学療法士会は、このイベントに関して、一切ご質問にお応えできません。お問合せ先へご相談下さい。

 前のページに戻る